ドローンの話によく出てくる「FPV」とは何だろう?

ドローン関連の記事などを読んでいる時に、「FPV」という言葉が出てくることがある。たとえば、「FPVドローン」「FPVレース」といった具合に。
さてこれは一体どういう意味だろう?

FPVとは「First Person View」の略で、「一人称視点」「最前列からの眺め」といった意味である。カメラと映像送信装置をドローンに搭載し、ゴーグル(ヘッドセット)を身に着けた操縦者が、リアルタイムにその映像を見ることができる機能のことを指す。

まるで実際にドローンに乗っているかのような臨場感をもたらすFPVは、もはやエキサイティングなスポーツとなっているドローンレースでは欠かせない機能である。

この機能は娯楽だけではなく、災害救助や事故の場面でももちろん活用可能である。FP機器を用いてリアルタイムに映像を届けることができれば、「今まさに現場で何が起きているか」をいち早く知ることができる。

さらにドローンが飛行している姿を肉眼だけで見るよりも、ドローンからの視点からも確認したほうが飛行の安全性は増すと言えるだろう。

COLUMN

ドローン専門ポータルストア「DRONE THE WORLD」とは

COLUMN

東京ガールズコレクションでドローンが飛んだ–テクノロジーの第一人者たちが語った、壮大なプロジェクトの舞台裏

COLUMN

広大な土地はドローン利用に最適?北海道のドローン事情

COLUMN

ドローンを株式テーマとする有力銘柄5選。商用ドローンの将来性と経済効果は?

COLUMN

あす開校!福岡県2校目「ドローンスクールジャパン福岡中央校」

COLUMN

株の世界にもドローン!ドローン関連銘柄をチェックしよう

COLUMN

規制の緩和でアメリカのドローン開発が変わる?

COLUMN

トランプ大統領、ドローン配送テストの規制緩和のための大統領令

© DRONE NEWS