• このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローン80台が横浜スタジアム上空に出現 ド派手な開幕

2018年3月30日、横浜スタジアムでは意表を突くド派手な開幕セレモニーの演出で公式戦の幕を開けました。 20年ぶりのリーグ優勝を目指しているDeNAは、東日本大震災の影響によって変則的な日程になった2011年を除き、2007年以来となる本拠地での開幕です。 開幕セレモニーでは、豪華な光による演出が […]

サウジアラビア王宮上空を飛行していたドローンが撃墜される 銃声に付近は騒然

サウジアラビアの首都リヤドの王宮付近で4月21日夜、無許可で飛行していたドローンが治安部隊に撃墜されました。 サウジアラビアでは現在、隣国イエメンのイスラム教シーア派武装組織フーシ派が繰り返し発射する弾道ミサイルへの警戒から、防空態勢を強化しています。ドローンは娯楽用のもので、武装組織が放ったもので […]

RECYCLE POINT TOKYO ドローン販売から保守まで対応 ドローン事業に本格進出

家庭用ゲーム機やスマホの中古流通など、リユース事業を行ってきたRECYCLE POINT TOKYOが、ドローン事業を本格化することが分かりました。 同社では2016年、世界シェアの70%以上を占める世界最大のドローンメーカーである中国のDJIと日本国内での販売代理店契約を締結し、ドローン事業に参入 […]

Intel 日本でもドローン事業を開始へ ドローン事業説明会を開催

Intelはドローンサービスを日本でも間もなく開始すると発表しました。同社の日本法人インテルは、2018年3月22日に記者説明会を開催し、Intelが展開しているドローン事業に関して、戦略なども含めて説明しました。 Intelのドローン事業部で販売責任者のCindy Ng氏は、提供開始時期は明言しま […]

「ドローン+画像認識AI」で密漁を監視 ミツイワとNTTコムウェアが共同実証へ

2018年3月28日、ミツイワはドローンを利用した密漁を監視抑止する映像解析ツールに、NTTコムウェアが開発した画像認識AIであるDeeptectorを使用すると発表しました。 ドローンを利用した密漁の監視と抑止に使用するNTTコムウェアが開発したDeeptectorは、画像認識を用いて、目視による […]

クレーターレイク国立公園でドローン違法使用が横行 野生動物への悪影響も懸念

画像引用:http://www.thedrive.com/   2014年、米国のすべての国立公園において、無断でのドローン飛行が禁止されましたが、オレゴン州唯一の国立公園、クレーターレイク国立公園ではドローンの無断飛行事例が後を絶たず発生しています。 公園管理者ののクレイグ・アッカーマン […]

ドローンニュース新着情報

ドローン80台が横浜スタジアム上空に出現 ド…

2018年3月30日、横浜スタジアムでは意表を突くド派手な開幕セレモニーの演出で公式戦の幕を開けました。 20年ぶりのリーグ優勝を目指しているDeNAは、東日本大震災の影響によって変則的な日程になった2011年を除き、2007年以来となる本拠地での開幕です。 開幕セレモニーでは、豪華な光による演出が、ほぼ満員となったスタンドの観客の雰囲気...

サウジアラビア王宮上空を飛行していたドローン…

サウジアラビアの首都リヤドの王宮付近で4月21日夜、無許可で飛行していたドローンが治安部隊に撃墜されました。 サウジアラビアでは現在、隣国イエメンのイスラム教シーア派武装組織フーシ派が繰り返し発射する弾道ミサイルへの警戒から、防空態勢を強化しています。ドローンは娯楽用のもので、武装組織が放ったものではないと見られていますが、所有者は明らかになっ...

RECYCLE POINT TOKYO ドロ…

家庭用ゲーム機やスマホの中古流通など、リユース事業を行ってきたRECYCLE POINT TOKYOが、ドローン事業を本格化することが分かりました。 同社では2016年、世界シェアの70%以上を占める世界最大のドローンメーカーである中国のDJIと日本国内での販売代理店契約を締結し、ドローン事業に参入しました。 自社で運営するドローン専門販...

Intel 日本でもドローン事業を開始へ ド…

Intelはドローンサービスを日本でも間もなく開始すると発表しました。同社の日本法人インテルは、2018年3月22日に記者説明会を開催し、Intelが展開しているドローン事業に関して、戦略なども含めて説明しました。 Intelのドローン事業部で販売責任者のCindy Ng氏は、提供開始時期は明言しませんでしたが、「日本の認証取得に向けて最終調整...

「ドローン+画像認識AI」で密漁を監視 ミツ…

2018年3月28日、ミツイワはドローンを利用した密漁を監視抑止する映像解析ツールに、NTTコムウェアが開発した画像認識AIであるDeeptectorを使用すると発表しました。 ドローンを利用した密漁の監視と抑止に使用するNTTコムウェアが開発したDeeptectorは、画像認識を用いて、目視による確認や識別を自動化できるサービスです。 ...

クレーターレイク国立公園でドローン違法使用が…

画像引用:http://www.thedrive.com/   2014年、米国のすべての国立公園において、無断でのドローン飛行が禁止されましたが、オレゴン州唯一の国立公園、クレーターレイク国立公園ではドローンの無断飛行事例が後を絶たず発生しています。 公園管理者ののクレイグ・アッカーマン氏はこの問題について「かなり問題になってき...

ドローン会員制サービス「ドローン ザ ワール…

ドローンに関するコンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネットは4月4日、会員制サービス「ドローン ザ ワールドクラブ」を発表しましたが、この動きが新聞各紙でも報じられています。 4月6日付日刊工業新聞では、ドローンの産業利用に軸足を置きサービスを強化していくといった内容が報じられました。 また、4月12日付日刊ゲンダイでは、「...

富士通 ドローンで被災状況を迅速に共有 地図…

富士通は、仙台市と共同でドローンを利用し、地震や火災発生時などに被災状況を迅速に共有するシステムの実証試験を実施しました。 ドローンを使用して上空から撮影した画像とGPS情報を地図アプリケーション上に表示することにより、現地に赴くことなく状況を把握することができます。 取得したデータの安全性を高めて共有することで、多くの自治体や企業で利用...

鳥のように羽ばたいてドローンを操縦する「Fl…

スイス連邦工科大学ローザンヌ校は4月16日、鳥のように羽ばたきながらドローンを操作する機構「FlyJacket」を開発し、同学YouTubeチャンネルに動画を投稿しました。 ドローンの操縦者は、身体とドローンの動きを同期させるため、VRヘッドセットとFlyJacketを装着します。操縦者が翼のように腕を広げ身体を回転させると、ドローンがその動き...

夜間での山岳救助にドローンを利用 体温を感知…

神戸市消防局は民間事業者と協力し、神戸市六甲山での夜間遭難救助のドローン利用を目指して訓練を開始しました。 山岳遭難の捜索でのドローン利用は全国で進んでいますが、夜間での実用化は自治体ベースでは珍しいとのことです。 日没後は気温が低下するため、救助は一刻を争います。赤外線カメラを備えたドローンにより上空から遭難者を捜し、短時間での救助をめ...

国連主導の国際ドローンデータベース計画が進行…

近年、ドローンとジェット機の衝突事故が懸念されていることから、世界の航空会社各社は国連主導のドローンデータベースの開発へ協力しています。 国際航空運送協会(IATA)は、国連経済社会理事会の専門機関・国際民間航空機関(ICAO)と協力して、安全性を向上させるためのデータ分析にこのデータベースを使用することを検討しています。ICAOは、ドローンの...

大規模災害時のドローン運用 県内12カ所で飛…

大規模災害時におけるドローンの運用に関して、静岡県は2018年度にも県広域受援計画の改定を実施します。 静岡空港や報道機関のヘリポートの周辺など、災害時に航空機が錯綜することになる県内12か所の空域において、捜索や救助活動を含め、ドローンの飛行を原則として禁止します。 航空機との衝突を回避するために、県危機対策課の岸谷清満危機調整監が20...

インドの最年少ドローン開発者として認定された…

インドの中学2年生、アリアマン・ヴァーマ(13)は、インド最年少のドローン開発者として、”インド版ギネスブック”India Book of Recordsに掲載されていますが、現在同様の記録でギネス世界記録へ申請中であることがわかりました。 インド北西部パンジャーブ州ルディアナ出身で、幼少時から科学技術に夢中になっていたという彼は、高度70フィ...

自動ドローンで発電所を点検 複数飛行で作業迅…

NTTドコモは2018年3月1日、携帯電話の通信網を使用して2機以上のドローンを自律飛行させ、大規模な太陽光発電所設備を点検する実証試験の模様を報道陣に公開しました。 作業員が1機のみを操作するこれまでのやり方と比較して、労力の削減と作業時間の短縮化が可能といいます。ドコモでは今回の試験結果を踏まえて、年内にビジネス化を図る方針です。 同...

学生4人によるスタートアップ、豪軍へのドロー…

豪州・シドニーの理工系大学生4人が、豪軍の次世代型偵察ドローンの開発で、数百万ドル規模の契約を獲得する見込みであると、豪州各紙が報じています。 彼らが1年前に設立したスタートアップJAR Aerospaceは、垂直離着陸可能な無人航空機を開発するための27万5000ドルの政府補助金を、44の競合を押しのけて獲得しました。 「現時点では、陸...

千葉県大多喜町がドローン研修会を開催 災害時…

千葉県大多喜町で2018年3月20日、町役場職員を対象にした小型無人機ドローンの操縦研修会が開催されました。 各課から希望者が参加してドローンを飛ばし、災害時に人が立ち入ることが困難な場所で被害状況の確認を行ったり、町内で開くイベントで空撮を行ったりする際の利用法が検討されました。 今回の研修は横浜市に拠点を置き、ドローン販売などを手がけ...

次世代のドローン操縦士育成を目指し ドローン…

人間が操縦を行うことで進化してきたドローンビジネスに、自動飛行制御システムにより、大きな変革が近づいています。 ドローンの自動飛行制御システム時代の到来に備えて、2018年5月13日、ドローン大学校では瀬戸内エリアに「瀬戸内キャンパス」を設置し、次世代のドローン操縦士育成を目指します。 これまでドローンの操縦には高い技術が必要とされ、セン...

不時着したドローンが犬のおもちゃに!ドローン…

オーストラリアのブリスベンのとある民家で、飛来したドローンが裏庭に不時着し、その後、飼われていた犬のおもちゃになってしまうという事案が発生しました。 犬の名前は、レイラとジェッドで、飼い主によってFacebookに投稿された写真には、粉々になったドローンと2匹の犬が写っています。 投稿者はフェイスブックに「カランガー(ブリスベンにある地域...

国交省 ドローンの飛行許可承認手続のオンライ…

国土交通省は、2018年4月2日に航空法で定められた無人航空機の飛行許可承認手続における利便性を向上するため、オンラインによるサービスを開始すると発表しました。 オンラインサービスを利用することにより、申請者は場所や時間の制約を受けることなく申請が行えます。 複数の質問に回答することで申請書が自動的に作成され、容易にかつ確実に申請を行え、...

ドローン空撮によって150万羽ものアデリーペ…

ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校で環境学を専門に研究している教授、ヘザー・リンチ氏は、2014年に航空宇宙局(NASA)が提供するデータから、南極大陸のダンガー諸島にペンギンの糞が確認できることを発見しました。 その後の2015年、ウッズホール海洋研究所の環境学者たちがこの場所を訪れ、探索しました。 そして、2018年3月2日、南...