特待生制度と奨学金制度を2018年3月から開始 ドローン大学校


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般社団法人ドローン大学校は、若年層のドローン操縦者と若年層のドローン実業家の育成を目標に奨学金と特待生の制度を設けると発表しました。

未成年の入学生に奨学金として9万円を支給する奨学金制度と、成績が優秀である未成年の入学生を対象に、期間ごとに一名を学費が全額無料となる特待生の制度を開始します。

今回設ける奨学金制度および特待生制度によって、未成年にとっては負担の大きい金銭的な障害を取り除き、ドローン業界への参加が容易となるようにします。

同校における学生の入学生は10人程度がいて、最年少の入学生は17歳でした。

学生らは知識習得が早く、実技についても高度な操縦テクニックを身につけて修了し、新たなドローン事業を柔軟に発想することも得意でした。

ただし、ドローン学校で学ぶには未成年にとって過大な金銭的負担となりがちで、その障壁の除去は、今後のドローン業界にとって若い人材を得られるという点でプラスとなります。

今回設ける新たな制度は、2018年3月26日開校の東京・大手町キャンパスでのJUIDA操縦技能証明証取得講習と、同年3月27日開校の名古屋・名駅キャンパスでの同講習から導入が開始されます。

制度を利用するには、同校のサイトにある「無料セミナーへの参加申込み」を行ったうえで、同セミナーの講習時に制度利用の申込みを行います。

 

====

最短2日で取得!業界プロによる実践的なレッスンにより効率的な資格取得が可能です。

レッスンの受講が可能なお近くの国内ドローンスクールを「DroneSchool.net」でさがそう!

====

関連記事

ドローンニュースの最新記事