国内初、ドローンとラウンドするゴルフコンペ開催 3月16日千葉・茂原市


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローンに関するソリューション事業を展開する株式会社ドローンネットは3月16日、日本初のドローンを全面利用したゴルフコンペ「ドローンネットゴルフコンペ」を真名カントリークラブ(千葉県茂原市)で開催します。

同コンペでは約120人の参加者とともに、Phantom、Mavic、Inspire等のドローンも一緒にラウンドし、機体はショットの撮影の他、レース用機体による打球追跡、コースレイアウトの確認、ドラコン・ニアピンの結果判定、赤外線カメラでのボール探索などに活用されます。

同社は今後、ゴルフだけでなく様々なスポーツ、ひいては生活のあらゆるシーンにドローンを活用していくことでドローンの楽しさや魅力を世に発信していきたいとしています。

日本国外でも、欧州プロゴルフツアー「トルコ航空オープン」の前夜祭として出場選手らによる「ドローンゴルフ選手権」が2年連続開催されるなど、ドローンと絡めたイベントが開催されています。

株式会社ドローンネット
https://drone-net.co.jp/

真名カントリークラブ
http://www.mannacc.com/

関連記事

ドローンニュースの最新記事