ドローンを飛ばす際に無線免許は必要?ドローンの種類で異なる必須の免許とは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軍事・産業・ホビーなど、ドローンはさまざまな業種や現場で活躍しています。しかしながら、ドローンは無線免許が必要なのでしょうか?もし必要な場合、どの免許を取ればよいのでしょうか?

本記事では、ドローンを飛ばすのに無線免許が必要なのか?という問いに答え、免許や登録が必要な無線局と、そうでない無線局を解説していきます。ドローンに関する「わからない」を解決し、気軽に飛ばせるように知識を身に着けていきましょう。

 

ドローンを飛ばすのに無線免許は必要か?

さて、ドローンを飛ばすのに無線免許やそういった類の資格は必要なのでしょうか。結論から言うと、現在日本国内向けに販売されているホビー向けドローンには無線免許は必要ありません。

「無線免許」と一口に言っても、無線局の開局免許だったり、無線技士の免許だったりと少々ややこしいわけですが、たとえば、DJI社のPhantom 4やMavic Proといった、日本国内で購入でき、日本語の説明書がついたドローンは、無線免許などを気にすることなく飛ばすことができます。

なお、無線免許は必要ありませんが、上記DJI製ドローンのような、総重量200gを超えるものを飛ばす際は、どちらにせよ航空法を遵守する必要があります。その点は注意しておきましょう。航空法について、詳しくは下記国土交通省のホームページを確認してみてください。

参照:国土交通省 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

上記のように、ホビー向けに販売されているドローンは無線免許が必要ありませんが、もちろん免許が必要なドローンもあります。続いては、そのあたりを説明していきましょう。

 

無線免許が必要なのは「5.8GHz帯」を使用するドローン

ドローンで使われる電波には大きく分けて「2.4GHz帯」と、「5.6~5.8GHz帯」の2種類があります。このうち、ドローンは取扱いに無線技士の免許が必要なのは、映像や送信機の出力に「5.6~5.8GHz帯」の電波を使用する機体です。

周波数帯が違うと、送信出力も異なります。具体的には、2.4GHz帯が「10mW/MHz」で、5.7GHz帯では「最大1W」の電波を扱うことができます。ちなみに、海外のDJI製ドローンでは、5.7GHz帯と2.4GHz帯の電波を組み合わせて、最大7km以上飛行させることができるモデルも存在します(日本製は2.4GHz帯のみで最大4km)

この「5.6~5.8GHz帯」の周波数を利用するドローンは、民生用では以下のような種類です。

・産業用のドローン
・ドローンレース向けのFPVドローン

これらは、それぞれ必要な免許や取るべき手続きが異なります。以下で説明していきましょう。]

 

ドローンレース(FPV飛行)にはアマチュア無線免許が必要

ドローンレースでは、FPVゴーグルと呼ばれる、リアルタイムにドローンからの映像を受信できるゴーグルが使われます。このFPVゴーグルのほとんどに使われているのが5.8GHz帯の無線電波です。

FPVドローンは、ホビー向けのため「第4級以上のアマチュア無線従事者免許」と、「無線局の開局手続き」の両方が必要です。ドローンレースに参入するのであれば、無線免許を取得したうえで、国内でも承認なしで使える「技適マーク」のついた製品を使用しましょう。

 

業務用には陸上特殊無線技士免許が必要

業務用ドローンを運用するには、「第3級以上の陸上特殊無線技士免許」が必要です。業務用には主に5.6GHz~5.7GHz帯の無線電波が使われています。これは主に長距離運用や高精度の映像配信を目的としており、今後業務用ドローンを利用する予定があるなら、無線免許の関連は必ず取得しておきたい資格であるといえます。

 

まとめ

一般販売されているホビー用ドローンであれば、無線免許は必要ありません。免許が必要なのは、「ドローンレース向けのFPVゴーグルを使うドローン」と、「業務用ドローン」の2種類です。これらは5GHz帯の無線電波を利用しているため、国内での運用には免許が必須です。

加えて、ドローンレースに参入するなら第4級以上のアマチュア無線技師免許を、業務用ドローンを使うなら第3級以上の陸上特殊無線技士免許を取得しましょう。その後、無線局の開局手続きをし、承認が得られれば晴れて合法的にドローンを飛ばせます。

無線免許を取得すれば、プロ向けのドローンを飛ばせるようになるだけでなく、無線にまつわる知識も深まり、ドローンがさらに好きになることができます。興味のある方はぜひとも受けてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ドローンニュースの最新記事