タイ当局、ドローンの登録制度を義務化


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイの国家放送通信委員会(NBTC)は、2017年10月11日よりドローン登録の義務化を開始しました。同日より90日以内に、所有者の氏名やドローンの製品名・シリアルナンバー・写真などを登録しないと、「未登録ドローン」として無線通信法違反に問われることになります。

タイ国内のドローンは、推定約5万台とされています。もともとタイではドローンの登録を求めてきましたが、これまで登録されているのは約350台と事実上無規制の状態でした。昨今、ドローンの利用が増える中で、安全使用に向けて規制強化に乗り出した模様です。

ドローンの登録は、NBTCのバンコク本部および地方の支部、民間航空局(CAAT)、警察署のいずれかで行うことができます。未登録のドローンをタイ国内で飛行させると、5年以下の禁固刑か10万バーツ(約34万円)以下の罰金、あるいは両方を科せられます。

NBTCのターコーン事務局長は、ドローンの管理体制強化を目指すと述べるとともに、ドローンの飛行についてもCAATの規定に従うように求めています。

関連記事

ドローンニュースの最新記事