NTTドコモ、米ドローン開発企業PRENAV, INC.へ出資


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社NTTドコモは、インフラ検査などの社会的課題の解決に向けた取り組みのために、米シリコンバレーのインフラ検査用ドローン開発企業であるPRENAV, INC.に2017年11月9日に出資したことを発表しました。

NTTドコモは、ドローンを活用したインフラ検査に取り組んでおり、ドコモの携帯電話用タワーの検査において、検査品質の均一化、検査作業の効率化および転落事故防止などを目的に、ドローンを用いた検査を2017年10月より実施しています。

将来的にNTTドコモは、より一層の検査品質の均一化と検査作業の効率向上のため、ドローン飛行と画像解析の自動化を目指しており、今回のPRENAV社への出資を決定しました。

PRENAV社では、人が立ち入ることが難しいインフラの検査保守を行う企業の役に立つことを目的に商業用ドローンを開発しており、米国の携帯電話用タワーなどの監視や検査の実証実験を行った実績があります。

PRENAV社は、ドローンの位置制御を高い精度で実現しており、撮影のための飛行計画作成、レーザーを用いた3次元モデル生成、建造物の自動撮影、および撮影画像に基づいた報告書作成という一連の検査作業を自動化します。

NTTドコモでは、PRENAV社の技術を橋梁や発電所、石油プラットフォームなどの分野へも応用することにしています。また、故障予測や資産管理などの分析サービスへの展開も予定しているとのことです。

関連記事

ドローンニュースの最新記事