ドローンは学校でも学べる!ドローン養成学校に行って技術を身につける


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローンの操縦は、多くの方が自己流だと思います。ですが、自己流の操作では、なかなか高度なテクニックが身につかず、いつまでも自分のスタイルで操作することになってしまいます。それではなかなか上達しませんよね。そんなとき、ドローン操縦技術を学ぶ養成学校がありますので、そちらへの入学を検討してみると良いでしょう。

 

ドローン操縦士になるのに資格は不要

ドローンを操縦するのに、資格は不要です。

当然ですが、公共の場所で飛行させる場合など、法律で定められた地域での飛行は、国土交通省の許可は必要です。ですが、操縦士そのものは、誰でもなれます。ドローン会社に雇われて操縦士として活躍するのもありですし、自分でドローンビジネスを興して、みずから操縦するのも良いでしょう。

いずれにせよ、ドローンの操縦士は、ドローンの製品情報や仕様に詳しく、さらに飛行技術に優れていなければならず、バッテリーの残量を把握して墜落させないように配慮し、壊さないようにスムーズに離着陸させる技術も必要です。

写真をとるセンスも重要ですし、ドローンの操作は一見簡単に見えますが、実は簡単でないのです。そのため、個人で網羅的な知識を得て、技術を習得することはなかなか難しいのです。

 

ドローンの学校への入学を検討してみよう

そこで、ドローンの学校への入学を選択肢に入れると良いでしょう。

ドローンの学校は、体系的な知識を学べるだけでなく、個人ではなかなか手が届かないような高価で高性能なドローンを扱うことができるでしょう。

そうしたことも、貴重なドローン操縦経験の一環となり、あなたのドローンキャリアに大きなプラス面での影響をあたえることができることは間違いありません。

興味のある方は、ぜひともドローンの学校を検討してみませんか?ドローンの学校なら、航空法などの、守るべきルールや、操縦技術を学ぶことができるだけではなく、同じようにドローンの操縦技術を磨きたいと思っている仲間にも出会えますし、モチベーションの維持にもつながります。

「ドローンの操作を覚えたいけれど時間がないので一気に学びたい」という方や、「お金を払ってもいいからしっかりとした知識を身につけたい」と思う方には、ドローンの学校は最適です。

 

ドローンの学校ってどんなところ?

ドローンスクールは、学校とはいっても、数年かけて専門学校のようにしっかり学ぶわけではありません。

学ぶ期間は長くとも、せいぜい数日程度です。その数日の間に、ドローンにおける基礎教養、法律、製品の種類や詳細、そして実際の操縦技術を学んでいきます。

そして肝心の学費の問題があります。ドローンの学校ですが、学費はそれなりに高く設定されています。たとえば、JUIDAは認定ドローンの学校なのですが、座学が2日で12時間、実技が2日12時間で、合計4日間35万円です。また、ドローンアカデミーも、30万円前後で4日程度です。

このように、非常に高額となっているため、学費を出すのは結構ためらうかもしれません。ですが、ドローンはまだまだ情報不足が否めないジャンルでもあるため、学校で学ぶことは非常に有意義です。

ドローンの学校に行けば、網羅的な知識が身につけることができます。一方、インターネットや雑誌だけの独学での情報収集では、なかなか、ドローン全般の知識は身につかないものなのです。

ドローンをプロフェッショナルとして操作するには、基本的な知識を「知らなかった」では済まされません。すべての知識を網羅して、卓越した技術を駆使し、最先端の知識をいつでもキャッチアップしていかなければ、ドローン技術者としてひとり立ちはできないでしょう。

ドローンを使った業種での成功を夢見るなら、ドローンの学校に通ってスクールでレッスンを受け、よりハイレベルな知識を身につけるのも良いのではないでしょうか。

独学もありですが、スクールはお金を払っただけの価値があります。週末コースなども使いながら、ドローンに関するいろいろな知見を身につけていきましょう。

 

====

最短2日で取得!業界プロによる実践的なレッスンにより効率的な資格取得が可能です。

レッスンの受講が可能なお近くの国内ドローンスクールを「DroneSchool.net」でさがそう!

====

関連記事

ドローンニュースの最新記事