• このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国が対北朝鮮用に開発したドローンのロボット戦闘隊が2018年にも始動

韓国の陸軍関係者が話すところによると、2018年にはドローンロボットで編成される「ドローンボット」戦闘部隊が発足する予定です。このドローンボット戦闘部隊は、北朝鮮のミサイル核開発施設だけでなく、指導者が用いる護送車やリムジンをターゲットにしたものとなっています。 韓国のドローンボット戦闘部隊は他にも […]

NTT-ATシステムズとiROBOTICSがドローンを利用した救助支援システムを共同研究へ

NTT-ATシステムズ株式会社と株式会社iROBOTICS(アイ・ロボティクス)は、ドローンを用いた救助支援システムを共同で研究すると発表しました。 山岳での遭難や災害の発生時は、迅速に情報を集め、生存者の発見、有効な初期活動を行うことが重要となっています。 これまでは、大勢の人手に頼って情報を収集 […]

JUIDAがドローンを利用した物的流通の安全な運用基準案を公開

日本UAS産業振興協議会 JUIDAは、ドローンを利用した物的流通の安全な運用を実現するうえで事業者が取組むべき基準を「JUIDA物流ガイドライン案」として公開しました。 JUIDAでは2018年3月を目途として正式に公表したいとしています。 同協議会はドローンなどの無人航空機システム UAS を利 […]

ビーチ上空のライフセーバー!サメを見つけて警告する豪州のドローン

シドニーに夏が訪れると、多くの観光客や地元の人たちがビーチに集まります。その数は数百万にものぼるといわれ、隣接する都市に大きな経済効果をもたらします。しかし、ビーチには毎年、招かれざる客も訪れます。それが、サメです。 オーストラリア全域には11,500箇所にものぼるビーチがあるとされ、中にはサメ対策 […]

DRONE PILOT AGENCY株式会社と国内最大級のドローンスクール、日本ドローンアカデミー運営の電子公園グループが資本業務提携 仲介の強化狙い

DRONE PILOT AGENCY株式会社は、「日本ドローンアカデミー」を運営している株式会社電子公園グループとの間で資本業務提携契約を締結したと発表しました。 DRONE PILOT AGENCYは、「働くを『空』から支える」を責務とし、ドローン操縦士とドローンを利用した事業との仲介や操縦士の派 […]

ドローンに電子ナンバープレート搭載!アメリカ当局が義務化を思案中

ドローン事故や不正使用が増えている中、アメリカの多くの場所では、すでにドローンの使用が規制されています。ワシントンDCに本部を置くFAA「Federal Aviation Administration」連邦航空局は、ドローンの規制強化に動き出しています。 FAAが提唱している一つの方法は、ドローンに […]

ドローンニュース新着情報

<アラスカ>海洋調査に乗り出す「帆船」ドロー…

セイル(帆船)ドローンは、太陽光発電と風力発電によって自力航行できるように設計されたドローンです。 セイルドローンは約20フィート(約6m)の高さのカーボンファイバー製の帆を持ち、最高14ノットの速度で航行することができる上、計測機器を200ポンド(90kg)以上運ぶことができます。 また、セイルドローンには高度なセンサーパッケージが搭載...
タグ: