• このエントリーをはてなブックマークに追加

インドの鉄道が乗客誘導にドローンを導入

2018年1月8日、インドの鉄道会社が、業務にドローンを導入することを発表しました。春の時期に行なわれるインドの伝統行事を前に、ドローンを使用して業務の安全性を高め、効率化を図るのが目的です。インドでは現在、3つの鉄道施設にて試験的にドローンが導入されています。 インドでは、毎年春の時期にヒンドゥー […]

「ドローンスクールジャパン静岡 静岡市校」が2018年1月15日に開校 全国で30校目

民生用ドローンの開発と販売を手掛ける株式会社スカイロボットは、全国で30校目となる「ドローンスクールジャパン静岡 静岡市校」を2018年1月15日に開校しました。 スカイロボットは、一般社団法人ドローン操縦士協会DPAに認定されている「ドローンスクールジャパン」を、東京をはじめとして全国で開設してい […]

DJIが新製品「Mavic Air」を発表、価格は799ドル

DJIがMavicシリーズの新型ドローンを発売しました。今回のモデルは、価格と性能のバランスがとれたミドルクラスのドローンで「Mavic Air」という名前が付けられています。価格は799ドルで、ハイエンドモデルMavic Proの999ドルよりもリーズナブルな価格が魅力的です。 簡単に表現すると、 […]

路面凍結の対策で高速道路をドローンで監視 ウェザーニューズ

気象情報配信の大手であるウェザーニューズは2017年12月27日、東日本高速道路 NEXCO東日本 北海道支社と協力し、ドローンに装着した赤外線カメラを用いて、高速道路の路面温度を広い範囲に渡って測定する取り組みに成功したと発表しました。 同社では、冬季における高速道路の路面の凍結防止剤を散布する必 […]

未来創生ファンドなどから21億円を資金調達 千葉大発のドローンスタートアップACSL

空撮などで使われる民生用ドローンでは、価格の安い中国製が世界で高いシェアを握っています。 こうした中にあって、土木や建築の現場で点検や測量、物流などの産業向けに特化してドローンを開発しているのが、千葉大学が母体となったドローンスタートアップ企業の自律制御システム研究所ACSLです。 ACSLでは20 […]

最大積載量226kg!ボーイングの輸送ドローン実験機が登場

画像:ボーイング社 2018年1月初旬、ボーイング社の50人のエンジニアからなるプロジェクトチームが開発した、大型ドローンのプロトタイプが公開されました。このドローンは、すでに屋内での飛行テストが完了しており、現在、実用化の段階に入っています。 ボーイング社は、まだ商用利用のための具体的な計画を立て […]

ドローンニュース新着情報

<アイスランド>ドローン運送サービスのスター…

ドローンの主な用途といえば、空撮(調査)と輸送です。 こと物資の運搬に関してはAmazon社やDHL社、UPS社やウォルマート社などの流通・販売大手企業も強い関心を持ち、独自にドローンを利用した輸送サービスの研究・実践をすすめています。 しかし同時に、各国の各都市では必ずしも大企業の主導でないドローン輸送サービスの試験運用が行われる傾向が...