• このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローン80台が横浜スタジアム上空に出現 ド派手な開幕

2018年3月30日、横浜スタジアムでは意表を突くド派手な開幕セレモニーの演出で公式戦の幕を開けました。 20年ぶりのリーグ優勝を目指しているDeNAは、東日本大震災の影響によって変則的な日程になった2011年を除き、2007年以来となる本拠地での開幕です。 開幕セレモニーでは、豪華な光による演出が […]

サウジアラビア王宮上空を飛行していたドローンが撃墜される 銃声に付近は騒然

サウジアラビアの首都リヤドの王宮付近で4月21日夜、無許可で飛行していたドローンが治安部隊に撃墜されました。 サウジアラビアでは現在、隣国イエメンのイスラム教シーア派武装組織フーシ派が繰り返し発射する弾道ミサイルへの警戒から、防空態勢を強化しています。ドローンは娯楽用のもので、武装組織が放ったもので […]

RECYCLE POINT TOKYO ドローン販売から保守まで対応 ドローン事業に本格進出

家庭用ゲーム機やスマホの中古流通など、リユース事業を行ってきたRECYCLE POINT TOKYOが、ドローン事業を本格化することが分かりました。 同社では2016年、世界シェアの70%以上を占める世界最大のドローンメーカーである中国のDJIと日本国内での販売代理店契約を締結し、ドローン事業に参入 […]

Intel 日本でもドローン事業を開始へ ドローン事業説明会を開催

Intelはドローンサービスを日本でも間もなく開始すると発表しました。同社の日本法人インテルは、2018年3月22日に記者説明会を開催し、Intelが展開しているドローン事業に関して、戦略なども含めて説明しました。 Intelのドローン事業部で販売責任者のCindy Ng氏は、提供開始時期は明言しま […]

「ドローン+画像認識AI」で密漁を監視 ミツイワとNTTコムウェアが共同実証へ

2018年3月28日、ミツイワはドローンを利用した密漁を監視抑止する映像解析ツールに、NTTコムウェアが開発した画像認識AIであるDeeptectorを使用すると発表しました。 ドローンを利用した密漁の監視と抑止に使用するNTTコムウェアが開発したDeeptectorは、画像認識を用いて、目視による […]

クレーターレイク国立公園でドローン違法使用が横行 野生動物への悪影響も懸念

画像引用:http://www.thedrive.com/   2014年、米国のすべての国立公園において、無断でのドローン飛行が禁止されましたが、オレゴン州唯一の国立公園、クレーターレイク国立公園ではドローンの無断飛行事例が後を絶たず発生しています。 公園管理者ののクレイグ・アッカーマン […]

ドローンニュース新着情報

ドローン専門ポータルストア「DRONE TH…

ドローンに関する様々な情報を発信するポータルストア「DRONE THE WORLD」が4月5日、本格始動しました。 DRONE THE WORLDで発信する情報やサービスは、2020年代に到来が期待される「マイドローン時代」に向けて、趣味の空撮利用からビジネスシーンに至るまで、多岐にわたります。 ビジネスシーンに向けては、ドローン空撮映像...

フォードがドローン業界参入を計画中

ドイツのボロコプターや中国のイーハンが開発するドローンの中には、人を載せられる乗用ドローンがあります。ドローンタクシーが街を飛び回るようになるまでには時間がかかるとはいえ、現在、自動車業界がこぞってドローン産業に参入する動きが見られています。 100年以上に渡って、エンジン駆動式の自家用車を製造してきたフォードは、最近、新しいビジネスモデルを開...

日本ドローンビジネスサポート協会が「ドローン…

一般社団法人である日本ドローンビジネスサポート協会は、ドローンによる測量講習会を無料で全国的に展開しています。 全国の協会会員ネットワークにおいて、無料のドローンによる測量の講習会を開くと共に、「Terra Mapper デスクトップ版」の紹介、実務指導、機材販売、ソフト販売などを実施しています。 ドローン測量講習会では、国土交通省が提唱...

月額会員制サービス「ドローン ザ ワールドク…

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネットは4月4日、同社のサービスを利用できる月額会員制サービス「ドローン ザ ワールドクラブ」を立ち上げ、ビジネス向け会員プラン「スカイビジネス会員」のサービスを開始することを発表しました。 「ドローン ザ ワールドクラブ」は「SKYSTOCK」、「SKYCLOUD」、「DRONE ...

日本コムシスとテラドローン レーザー搭載ドロ…

テラドローン株式会社は、日本コムシス株式会社と共に、太陽光発電所の開発予定地でレーザーを積み込んだドローンを利用する三次元測量を行ったと発表しました。 測量を行った場所は、勾配が急で森林が密集している地域のため、これまでの方法では森林の奥まで立ち入って詳しい現地調査を行い、そのうえで測量を行うために立木を伐採しなければなりませんでした。 ...

ドルチェ&ガッバーナがファッションシ…

2018年2月25日、イタリアのミラノで開かれたドルチェ&ガッバーナのファッションショーに、ドローンが使用されました。ファッションショーにドローンを用いるというのはかなり斬新な試みで、観客からは歓声が沸き起こりました。 ファッションショーでドローンが運んだのは、ドルチェ&ガッバーナ2018-2019コレクションのハンドバッグで、...

サンディエゴ州立大学がドローン研究所を開設

米サンディエゴ州立大学が、ドローン開発のための研究所「ドローンラボ」を開設しました。ドローンラボは、学生の親たちによって構成されているアステカ諮問委員会の資金提供を受け、学生らと教員にドローンを支給しています。 ドローンラボでは、12種類の異なるドローンを利用して研究に役立てる事ができます。それぞれのドローンは機能が異なっており、多種多様な目的...

切盛土工事の日ごとの出来高管理にドローン測量…

株式会社フジタは、切盛土の工事における日々の出来高管理に、ドローンを利用した測量を用いる技術「デイリードローン」を盛土作業で検証し、運用を始めました。 基準測量をはじめとして、点群データの解析まで、作業に必要な時間を当社従来比で3分の1に削減し、職員が土量の算出が必要だと判断した時、容易に実施することができます。 基準測量にGPSによる評...

世界初のドローン安全技術実験を開始 ボーダフ…

2018年2月20日、ボーダフォングループは世界で初めて航空管制用のドローン追跡と安全性に関する技術実験を始めると発表しました。 同社の取組みは、4Gネットワークと IoTを利用し、航空機の重大事故の発生を防ぎ、ドローンによる犯罪の抑止を目的としています。 ドローンの飛行性能が高くなるにつれ、麻薬の密輸やテロに用いられるリスクが増加し、航...

空港付近のドローン違法飛行により、20便に遅…

2018年3月6日、ニュージーランドのオークランド空港で、ドローンの侵入により航空機の離着陸出来なくなり、空港は一時騒然となりました。 ドローンの妨害により、少なくとも20便が影響を受け、その他にも多くの乗客が空港で待機する事態となりました。 オークランド空港に着陸する予定だった航空機、Q300のパイロットは、現地時間の午前11時45分頃...

初心者とアクティブシニア向けのドローンスクー…

情報通信コンサルティング事業の株式会社アイテムは、2018年3月23日に初心者とシニア層を対象としたドローンスクール「空ごこち」大阪校を開校すると発表しました。開校にあたり、ウェブサイトを公開して無料体験会へ参加を受け付けています。 ドローンスクール「空ごこち」大阪校では、操縦技能コース、安全運航管理者コースのカリキュラムを設けており、基礎的な...

刑務所内へのドローン密輸撲滅へ向けドローン開…

イギリスの刑務所では、ドローンによる密輸被害が増加しています。これを受けてイギリス当局は、不正な密輸ドローンを取り締まるために動き出しました。 現在、ドローン開発企業と協力して、刑務所の密輸ドローンを撲滅する計画が進められています。イギリスの司法省は、ソールズベリーにあるスカイドロイド社に23万7,000ポンドの資金を投じて、刑務所における密輸...

「ドローン・ザ・ワールド 仙台フォーラス店」…

ドローンポータルサービス「ドローン・ザ・ワールド」を運営する株式会社ドローンネットは4月1日、宮城県仙台市のショッピングセンター「仙台フォーラス」に、同サービス東北初の直営店「ドローン・ザ・ワールド 仙台フォーラス店」を開店します。 ドローン・ザ・ワールド仙台フォーラス店では5メートルの天井高を活かし、マイクロドローン操縦体験ができる「フライヤ...

ドローンが物流に組み込まれると世界はどう変わ…

ドイツにあるDHLの本社付近では、配達サービスにドローンが使用されています。配達サービスに使用されるクワッドコプターは、アメリカ、ヨーロッパを中心に、アマゾンのプライム・エアーなどに利用されている、次世代の配達方法です。 荷物配達用ドローンは、受け取りにかかる時間や手間を省くことができるだけでなく、空気汚染低減などの環境保護にもつながります。 ...

県内最大の屋内ドローンスクールが誕生 ドロー…

株式会社スカイロボットは、ドローン専用屋内飛行場を備えた「ドローンスクールジャパン福岡南校」を2018年3月4日に開校したと発表しました。 同社は、一般社団法人ドローン操縦士協会DPAの認定を受けているドローンスクールジャパンを、東京をはじめ全国に展開しています。 産業用ドローンは、インフラ検査、農林業、捜索などに利用されており、増加して...

間伐にドローン利用 実用化へ向けて計画作りや…

長野県伊那市と信州大山岳科学研究所は2018年2月22日に、小型無人機ドローンを利用した林業部門での実証試験結果の報告会を開催しました。 林業での間伐作業の省コスト化実現のために、ドローンを利用して森林を撮影した画像を解析し、間伐計画の作成や間伐実施後の実績により、省コスト化の有効性が確認されました。 そのうえで、2018年度に市は所有す...

南アフリカの国立公園、無許可のドローン使用を…

南アフリカの北東部にあるクルーガー国立公園は、アフリカ大陸有数の鳥獣保護区で19,585平方キロメートルという膨大な面積を有しています。 この面積は、東京ドーム42万個分の広さで、保護区内にはライオンやアフリカゾウなどの野生動物が生息しています。クルーガー国立公園では近年、無許可のドローン使用者が増えており、管理者らは取り締まりを強化しています...

ロボット研究拠点が今夏から始動、世界でのドロ…

福島県の沿岸部で、無人航空機ドローンなどロボット研究の開発拠点の構築が本格化しています。この研究拠点は、福島県が整備を行っている「福島ロボットテストフィールド」です。 国費155億円を投入して南相馬市と浪江町で建設しており、一部は2018年6月にも稼働し、2019年度末の完成予定です。 本部が置かれる南相馬地区の面積は、東京ドーム10個分...

中東の紛争地域でドローンが戦場カメラマンに?

戦場カメラマンといえば、多くの人は、命がけで戦地を駆け回るカメラマンを想像するでしょう。 しかし、ドローンが広く利用されるようになって、いわゆる「戦場カメラマン」の在り方も変わってきています。より安全に、しかもより高解像度で動画、静止画の記録を残すことができるようになってきているのです。 ニューヨークにある先進テクノロジーのコミュニティ、...

世界初!本格的なドローン操縦を自宅で学べるe…

ドローン関連コンテンツの企画・開発・運営を行う株式会社ドローンネット(本社:東京都千代田区)は、自宅で本格的なドローン操縦が習得できるeラーニングサービス「ドローン操縦入門講座」を開始すると発表しました。 当サービスは、株式会社サイトビジット(本社:東京都品川区)が運営するオンライン資格予備校「資格スクエア」内で利用することができます。 ...