• このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローンの操縦を安全に ドローンの人材育成スクールが開校 岩手県北上市

岩手県北上市飯豊の花北モータースクールは、小型無人機ドローンのパイロットを養成する「東北航空ドローンスクール」を開校しました。 同スクールは、一般社団法人日本UAS産業振興協議会JUIDAの認定校としては県内で3校目であり、同市では初の開校となります。 同スクールでは空撮や測量、農業など多くの業種に […]

カナダのAIドローン企業が800万ドルの資金獲得

カナダ、バンクーバーにあるAIドローンを開発する企業Iris Automationは、2018年1月18日、800万ドルの資金調達に成功した事を発表しました。 2017年に150万ドルの資金調達を行ったとの発表をしたばかりのIris Automationですが、今回の資金調達は大幅に増額しています。 […]

ウクライナで軍事利用されるドローンの現状とは

ロシアとの関係が悪化しているウクライナでは、反政府勢力との紛争が続いています。ロシア軍の攻撃に対処するためにドローン開発が進められており、すでに実戦で投入されているものもあります。 ウクライナのドローン開発者らが集まるMatrix UAVでは、さまざまなドローンが試験され、プロトタイプの製作が行なわ […]

doがドローンの飛行可能な空域をスマホで確認できる無料アプリケーションを提供

Do株式会社は2018年1月25日に、ドローンの飛行が可能な空域をスマートフォンで確認できる「ドローン飛行チェックアプリ」を無料で提供開始しました。Android版とiOS版が用意されています。 機体重量が200g以上のドローンは航空法の規定により、空港周辺など航空機の安全な運航に影響がある空域、人 […]

ウェストバージニアがFAAドローンプログラムへの参加を希望

アメリカ合衆国ウェストバージニア州のブルーフィールド市は、FAAが進めているドローンプログラムへの参加に意欲的な態度を示しています。UASIPP(Unmanned Aircraft Systems Integration Pilot Program)と呼ばれるこの新しいプログラムは、包括的に市のドロ […]

「水中ドローン」を実用段階へ 複数回の実演調査で本格運用に手応え

株式会社チックは、「水中ドローン」が実用的に使えるよう、BlueROV2という機体を用いて全国各地で水中実演調査を行っています。 2018年1月の段階で仙台、横須賀、久慈などで実演調査を実施しました。 水中ドローンは初めの段階では機体の運動能力や操縦技術、保守など多くの問題点がありましたが、実演調査 […]

ドローンニュース新着情報

火災現場でドローンを飛ばして逮捕された男の初…

2018年1月8日、ニュージーランド・クイーンズタウン地方裁判所において、火災現場でドローンを飛行させ、消火活動を妨害したとして逮捕されたホルヘ・エドゥアルド・リケルメ・クルス被告の初公判が行われました。 クルス被告はチリ人で、ニュージーランド全土を旅行中でした。2018年1月3日にオタゴ地方・ロイ山で起きた大規模火災の際、消火ヘリの近くでドロ...

茨城県笠間市と操縦スクールが協定 災害時にド…

茨城県笠間市は、2017年12月25日に小型無人機「ドローン」の操縦などを学習する「ドローンスクールジャパン茨城水戸校」を運営している水戸市の「スカイガード」と、災害発生時における情報の収集にドローンを利用するための協定を締結しました。 ドローンはヘリコプターとは大きく異なり、低空での飛行や小回りの利く飛行を行うことができます。 ドローン...

メンフィス在住の14歳少女、浴室の外を飛行す…

テネシー州メンフィス: メンフィスでドローンを使った盗撮事件が発生し、メンフィス警察は事件を捜査中です。 ドローンによる覗き見被害にあった14歳の少女の家族は、週末浴室の窓の外をドローンが飛んでいたと語っています。少女が浴室にいた際、ドローンが浴室の中を覗こうとしていたとのことです。 「正直、娘が最初にドローンに覗かれていると私に伝えて...

ドローン無償提供、収穫物をすべて買い取り農家…

モバイルやIoT関連のITベンチャー企業のオプティムは、2017年12月26日にIoTやAI、ドローンを利用した減農薬栽培に参入したい農家に向けた支援事業を発表しました。 事業に参加した農家に対してドローンを含む装備一式を無償で提供し、採れた作物はオプティムが市場価格を参考にして全て買い上げます。そのうえで、オプティムでは、買い上げた農作物に固...

まるで「ブラック・ミラー」の世界!コウモリ型…

ドラマ「ブラック・ミラー」は科学技術がもたらす革新と弊害を風刺的に描いた作品で、ネットフリックスに公開されて以来、ユーザーから高い評価を得、今や全米で注目の作品となっています。心理ドラマ的要素が含まれているサイエンスフィクションで、近い将来私達が経験する可能性のある事柄を上手く描き出した映画です。 アメリカ国防総省、ペンタゴンは今、ブラック・ミ...

ドローン飛行 立ち入り禁止区域の設置を義務付…

国土交通省は、催し物会場など大勢の人が集まる場所でドローンを飛ばす場合、運用者に対し、飛行高度に応じて、半径30メートル以上は立ち入りの禁止を新たに義務化することにしています。 航空法に基づく通達を改正し、2018年1月末までに施行するということです。ドローンの利用が拡大するにつれ、事故や問題が増えてきていることが背景にあります。 国語交...

ドローンを利用した農薬の散布では農薬の残留を…

株式会社オプティムは、スマート農業に対する取組みの一環として、大豆の成長を管理する作業にドローンを利用し、病気にかかっていたり、害虫がついていたりしている個所を発見し、その箇所だけにドローンで的を絞って農薬を撒く試験を行いました。 同社によりますと、大豆の成長を管理する作業にドローンを利用し、病気や害虫が発生している個所を発見して、そこにだけ的...

ヒースロー空港からロンドン中心部まで12分で…

Y6Sは、車で移動すると約1時間かかるヒースロー空港からチャリングクロス駅までを12分で飛行可能なドローンです。 イギリスで最初の自律旅客ドローンを開発した起業家マーティン・ワーナー氏は、旅客を乗せてのテスト飛行を2018年の早々に行うと話しています。 ワーナー氏のベンチャー企業であるオートノマスフライト社はバッテリー型無人旅客機であるY...

ニュージャージー州当局が頭を悩ませる「ドロー…

お酒を飲んだ後、車を運転する事は法律で固く禁じられていますが、お酒を飲んだ後、ドローンを操作するのはどうなのでしょうか?今、米国ニュージャージー州では「ドローン飲酒運転」を禁じる法律が認められつつあります。 飲酒運転は人身事故を引き起こし、時に罪のない命を奪います。ドローンも、操作を一歩間違えると航空機の飛行を妨害したり、救助用のヘリコプターの...

ドローンフェスタ2018が開催 ドローンの飛…

一般社団法人日本ドローンレース協会は、2018年1月20日 大阪市北区にあるドローンの練習場「フライトパイロットベース」でドローンフェスタ2018を開催しました。 同フェスタでは、午前中はドローンを飛行させるために必要な許可申請のやり方を学習する講習会が開かれ、午後には世界的に人気を集めているタイニーウープTinyWhoopマイクロドローンレー...

ドローンで被災者を迅速に発見へ 沖縄県で初 …

島尻消防署清掃組合消防本部はこのほど、沖縄県内の消防署では初めてとなる小型無人機「ドローン」を導入しました。 島尻消防本部の管轄地域である南城市と八重瀬町では、切り立った崖や人が入ることが困難な場所が多くあり、今後に災害が発生した時に迅速な罹災者や行方不明者の捜索を行う上で活躍が期待されています。 今回導入されたドローンは、DJI社製の「...

ドローン販売大手DJI、2017年の売上高は…

「ドローン業界はまだ氷河期を迎えていない」とフェニックスニュース(中国版)でのインタビューでDJIのルオ・ゼンホア社長(通称ロジャー・ルオ氏)は語っています。 深センを拠点とするDJIは現在、市場の70パーセントのシェアを誇る、世界最大手の民間用ドローンメーカーです。 過去2年間、無人航空機業界では業界内の競争が激しくなり、新参企業は利益...

EVやドローンに電波でワイヤレス給電する技術…

2014年にノーベル物理学賞を受賞した名古屋大学の天野浩教授が率いる研究チームが、遠隔で電波によって電力を送信する「遠隔給電システム」の開発を行っています。 この研究が実用化されると、EVが走行中に充電できたり、宇宙空間で効率よく太陽電池パネルで発電した電力を地上に送信したりと、社会全体に大きなインパクトを与えることになります。 天野教授...

ドローン戦闘機開発企業クラトス、米陸軍と93…

アメリカ海軍は、グアム島の米軍基地に偵察用のドローンを配備するなど、近年、無人機の導入に積極的です。また、アメリカ海軍だけでなく、陸軍もドローン開発に力を入れるようになってきています。2018年に入って、無人戦闘機開発を行っている企業クラトス(Kratos)が米陸軍との契約締結に至りました。 クラトスはこれまでにもドローン戦闘機を幾つか開発して...

ドローンで運ぶ「血液Uber」がアフリカの救…

米国シリコンバレーのロボティクス企業Zipline社がルワンダ共和国保健省と共同で行っている血液製剤輸送サービスは「血液Uber(Uber for blood)」の愛称で知られ、これまで4時間かかっていた輸送時間を30分に短縮しました。 2017年、同サービスによって5,500以上の血液製剤が送り届けられました。ルワンダでこれほど迅速な救急医療...

CES 2018 渋滞中のクルマにドローンが…

三菱電機は、米国ネバダ州ラスベガスで開催された「CES 2018」で、車載向けの各種技術を展示しました。 「Make the move to mobility」をテーマにする三菱電機のブースでは、スマートモビリティ時代に向けて安心で安全かつ快適なクルマ社会を実現する技術の展示などを展開しました。 同社ブースで注目を集めたのは、2017年1...

インドの地方都市シリグリ、デング熱対策のため…

過去2、3年間に渡りシリグリ市を脅威にさらしているデング熱の対策として、17歳の少年がつくったドローンが活躍することになりました。 もし使用テストがうまくいけば、紅茶商人の一人息子であるラジヴ・ゴーシュ君が製作したドローンが、ベンガル北部最大の都市で建物のテラスに溜まった水の写真を撮るために使われる予定です。 ラジヴ君のお父さん(56歳)...

農村部を狙い、中国の大手EC業者が200近く…

中国のインターネット通販サービス大手である京東商城 JD.comは、中国南西部で185か所のドローン専用飛行場を建設し、地方都市でのサービス向上を予定しています。 ドローン専用飛行場の建設は、地元テック企業による中国の農村部における新たな投資の一環として行われています。 JD.comがドローン専用飛行場を計画している地域の市場規模は、アメ...

イギリスでドローンに怯えた馬が突然暴走する事…

英国では、低空飛行するドローンが原因の落馬事故が増加しています。馬の前をドローンが飛行すると、馬は驚き、暴走することがあります。ドローンは落馬事故を引き起こすだけでなく、大切な馬を傷つけることにもなりかねないのです。 2016年から2017年にかけて、ドローンが馬を驚かせ、事故、またもう少しで事故になったという例は11件に上ります。この数字は氷...

練習場無料貸出や宿泊制度を設けた初のドローン…

商用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボットは、今回で29校目の開校となるドローン向けの屋外飛行場を備えた「ドローンスクールジャパン埼玉浦和校​」を2017年12月11日に開校しました。 同社では、一般社団法人ドローン操縦士協会DPA(ディーパ)に認定されている「ドローンスクールジャパン」の運営を、東京をはじめ、全国各地で行っています。...