• このエントリーをはてなブックマークに追加

トウモロコシ畑で行方不明の女性をドローンで捜索、無事救助

2017年11月5日、ノースカロライナ州ランドルフ郡においてメアリー・ブラウンさん(81)がトウモロコシ畑で行方不明になったものの、ドローンによる捜索で25分足らずで無事発見、救助されました。 Fox Newsによると、ブラウンさんは自宅近くを散歩していましたが、午前11時30分頃にトウモロコシ畑の […]

日本気象協会、NEDOと共同でドローンによる気象観測実験を開始

日本気象協会は2017年10月18日、NEDOと共同で、同月24〜26日の3日間、ドローンを使用した気象観測の実証試験と気象情報提供のデータ連携の実証試験を行うと発表しました。 気象観測の実証試験は、福島県南相馬市の福島浜通りロボット実証区域で実施。そこで得られたデータをもとに、ドローン向けの気象状 […]

英国にてドローンの使用や購入時の登録を義務づける新しい法律を制定する動き

英国では2017年、過去12ヵ月の間にドローンが航空機と50回以上におよぶニアミスを起こしたことから、ドローンの使用を制限しようとする新しい法律が制定される見込みです。 その法律によって、ドローンを購入したい人は事前の登録が必要になったり、警察は犯罪に関係している疑いがあるドローンを、捜査のために着 […]

卵型ドローン「PowerEgg」日本上陸 ダ・ヴィンチの黄金比ヒントに

中国に本社を置くドローンメーカー「パワービジョン」は2017年11月11日、卵型ドローン「PowerEgg」の日本国内での発売を開始しました。アームを収納した姿が卵型になるデザインが最大の特徴で、4Kビデオ撮影、360度回転ジンバルなどの機能も備えています。 パワービジョンは産業用ドローンを中心に手 […]

秋田県で女性向けドローンセミナー開催 建設業界人材不足解消狙う

秋田県で女性向けドローンセミナー開催 建設業界人材不足解消狙う

2017年11月12日、秋田県五城目町・地域活性化支援センターで、女性向けドローンセミナーが開催されました。本セミナーは建設業界の人材不足解消を目的に県が初めて企画したもので、県内に住む10~50代の女性12人が参加し、ドローンの構造や操縦方法を学んだほか、現場で活用中の自動航行が実演されました。 […]

耐荷重181kg、飛行時間8時間のモンスタードローン SKYF

ロシアの研究機関ADRNは、新型ドローン「SKYF」を開発中で、テスト飛行を重ねています。SKYFは耐荷重181kg、最大飛行時間8時間と、まさにモンスター級の能力を誇ります。 動力にパワーと耐久性に優れたガソリンエンジン、そしてコントロール性と安定性に優れた電気モーターのトルクを使用し、驚くべき輸 […]

ドローンニュース新着情報

ミャンマーでTV局の外国人スタッフらがドロー…

2017年11月10日に、トルコ国営放送TRTワールドのシンガポール支局に所属する、シンガポール人カメラマンのラウ・ホン・ムン(Lau Hon Meng)氏、マレーシア人記者のモク・チョイ・リン(Mok Choy Lin)氏、ミャンマー人通訳のアウン・ナイン・ソー(Aung Naing Soe)氏、運転手のハラ・ティン(Hla Tin)氏ら4人に対し...

ドローンを飛ばす際に無線免許は必要?ドローン…

軍事・産業・ホビーなど、ドローンはさまざまな業種や現場で活躍しています。しかしながら、ドローンは無線免許が必要なのでしょうか?もし必要な場合、どの免許を取ればよいのでしょうか? 本記事では、ドローンを飛ばすのに無線免許が必要なのか?という問いに答え、免許や登録が必要な無線局と、そうでない無線局を解説していきます。ドローンに関する「わからない」を解決し、...

ドローン自動飛行ソフトの株式会社CLUE 電…

ドローン飛行に関わるソフトウェアを開発している株式会社CLUEが2017年11月15日、電通が運用するベンチャーファンド「電通ベンチャーズ1号グローバルファンド」を通して、約3.3億円の資金を調達したと発表しました。 CLUEは、2014年設立にされたドローンの飛行制御やデータ管理を行うソフトウェアを開発提供する企業で、ドローンを利用したソリュ...

ドローンをもっと知りたい!趣味・ビジネスでお…

流行りのドローンは、個人が趣味としても楽しめる無人航空機であり、自分もドローンを触ってみたいと思っている方も多いはずです。中には元々ドローンを趣味としていたけれど、ビジネスに用いることになったという方もいるのではないでしょうか。 同じドローンでも、趣味とビジネスでは扱い方や考え方が多少異なります。ここでは入門本からビジネス実用本まで、幅広いおすすめのド...

一風変わった空撮を楽しもう!飛行機型(固定翼…

ドローンといえば、マルチコプター(プロペラ型)タイプが圧倒的なシェアを誇りますが、飛行機型(固定翼型)のドローンも産業・ホビー問わずリリースされていることをご存知でしょうか。 飛行機型のドローンは数が少ないものの、マルチコプターとはまた違った飛行感覚や特徴を持っており、私たちを楽しませてくれます。本記事では、飛行機型のドローンとマルチコプター型の違いの...

タイ当局、ドローンの登録制度を義務化

タイの国家放送通信委員会(NBTC)は、2017年10月11日よりドローン登録の義務化を開始しました。同日より90日以内に、所有者の氏名やドローンの製品名・シリアルナンバー・写真などを登録しないと、「未登録ドローン」として無線通信法違反に問われることになります。 タイ国内のドローンは、推定約5万台とされています。もともとタイではドローンの登録を...

東京ガールズコレクションでドローンが飛んだ–…

  ドローン操縦士協会、W TOKYO、PwCコンサルティングの3社共同プロジェクトとして発足した「ドローン×テクノロジーエンターテイメント」。プロジェクトの第1弾として、北九州で行われた東京ガールズコレクションで、世界初のドローンモデルがオープニング演出として登場しました。それを受けた2017年11月8日、3社は合同記者会見を開き、北九...

ソシオネクストがドローンの衝突回避センサー開…

パナソニックと富士通のシステムLSI部門を前身とする株式会社ソシオネクストは、ドローンの障害物への衝突を回避するためのセンサーを備えた半導体チップを開発、2017年内の実用化を目指しています。 ソシオネクストは2020年までの株式公開を目標に掲げ、主力事業の半導体と新規分野を組み合わせてソリューション化、新規事業を開拓しています。今回のドローン...

おすすめ日本製ドローン2選&国内事業用ドロー…

ドローンメーカーといえば、中国のDJI社やフランスのParrot社の名前が挙がると思いますが、実は国内では2014年ごろから産業用として、さまざまな日本製ドローンが活用されています。 そんな国産ドローンメーカーや、日本製ドローンにはどのような種類があるのでしょうか?本記事では、日本製ドローン・国内メーカーを一般・産業用途に分類して、順に紹介していきます...

NTTドコモ、米ドローン開発企業PRENAV…

株式会社NTTドコモは、インフラ検査などの社会的課題の解決に向けた取り組みのために、米シリコンバレーのインフラ検査用ドローン開発企業であるPRENAV, INC.に2017年11月9日に出資したことを発表しました。 NTTドコモは、ドローンを活用したインフラ検査に取り組んでおり、ドコモの携帯電話用タワーの検査において、検査品質の均一化、検査作業...

那賀町(なかちょう)とドローンの関係とは

「ドローン特区」「国家戦略特区」という言葉を聞いたことがありますか?これは国からドローン飛行の実証実験の許可が下りている地域という意味があります。徳島県那賀町(なかちょう)は「ドローン特区」となりました。今回は、気になる徳島県那賀町のドローン特区としての活動に迫ってみました。   那賀町がドローンに適している理由 徳島県那...

ドローン使用前に電波法を知ろう!分かりやすく…

ドローンには電波法という法令が存在することをご存知でしょうか。 コントローラーを使って飛ばすことができる無人航空機・ドローンですが、使用時にコントローラーとドローン間で発せられる電波にも適応される法令があるのです。ドローンは改正航空法のみならず、電波法でも違反してしまえば刑罰の対象となりますので、ぜひこの機会に電波法の知識をつけてください。 &nbs...

Coaidoとダイヤサービスが緊急用ドローン…

Coaido株式会社と株式会社ダイヤサービスは、緊急用ドローンに関する包括的業務提携契約を締結しました。 Coaidoは、119番通報と同時に周囲にSOSを発信できる緊急情報共有アプリ「Coaido119」を開発し、注目を集めている設立4年目のベンチャー企業です。 救命救急や火災・災害対応にITを組み合わせた専門知識、心肺蘇生に関する新し...

株式会社プロドローン、カナダの企業と提携し、…

愛知県名古屋市に本社を構える産業用ドローンメーカー「株式会社プロドローン」は、カナダのドローンメーカー「AVIDRONE」の株式の一部を買収。業務提携を行い、共同で高機能フライトコントローラーを開発しました。 これまで、シングルローターのドローンは高速飛行が可能な反面、マルチローターのドローンと比べて操縦が難しく、敬遠されていました。 そ...

自撮りやスポーツ観戦に!自動追尾機能の活用法…

近年登場したドローンには、被写体を設定することで、その被写体を自動で、しかも一定距離を保ちながら追尾してくれる機能を持つ機種があります。「フォローミー」や「アクティブトラック」などと呼ばれるそれらの追尾機能は、ドローンの操縦におけるハードルをさらに引き下げることになりました。 今回はドローンの追尾機能についてご紹介していきます。   ...

世界のドローン界を席巻!中国のドローン事情

世界のドローン市場を語るとき、中国を避けて通ることはできません。圧倒的なシェアを誇るメーカーDJIの存在をはじめ、10億を超える人口から生み出される潤沢な国内市場を持つ中国は、世界経済と同じくドローンの世界でも最重要の役割を担っています。今回はそんな中国国内のドローン事情について紹介します。   世界シェア7割、中国発の「ドローン界のア...

「歌って踊れてドローンを飛ばせるアイドル」D…

2017年11月、日本発のドローンアイドルユニット「DRONE VENUS」が結成され、12月10日ディファ有明で開催の総合格闘技イベント「PANCRASE 292」にて初登場することになりました。当日は囲み取材、フォトセッションが行われる予定です。 メンバーは写真左から、桃瀬美咲、石田安奈(元SKE48)、永島聖羅(元乃木坂46)、仁藤萌乃(...

初めてのドローンは中古で!中古で購入・入手可…

近年ではドローンにもインテリジェント飛行や追尾機能など、さまざまな飛行アシストが備わり、初心者でも簡単に飛ばせるようになってきました。しかしながら、飛行物体である以上、慣れないうちは常に墜落の危険がつきまといます。 そのため、新品を購入してすぐに墜落させて後悔しないよう、最初の一台は中古ドローンで練習したいと思っている方もいることでしょう。本記事では、...

湾岸施設の点検へドローンを活用、安全の向上に…

2017年10月27日、国土交通省は「海洋分野の点検におけるドローン活用技術に関する連絡会」を開催。湾岸施設や船舶など、海洋分野の点検でのドローン使用を研究し、安全性の向上や効率化を目指します。また、2019年度には点検事業に向けたドローン活用のガイドラインの作成も予定されています。 近年、船舶や洋上風車、その他の湾岸施設などの点検において、施...

名古屋にドローンスクールが開校、ドローン関係…

2017年10月31日、愛知県内では2校目、全国で24校目となる、ドローン専用の屋外飛行場を完備した「ドローンスクールジャパン愛知名古屋校」が開校されました。 近年、ドローンは急速な技術の発展にともない、建築・運送・測量などの様々な分野への活用が広がっています。しかし、専門の技術者やドローンの操縦技術を持った人はまだ非常に少なく、思うようにサー...