ドローンをバッテリなしで飛行させる新技術!スイスのスタートアップがレーザー光線をより遠く、質を落とさず飛ばせる人工ダイヤを開発

WIREDの2019年1月15日の報道によると、スイス連邦工科大学からスピンオフした企業レイクダイヤモンドが、飛行中のドローンにレーザーを使って安定的に電力を供給する技術を開発しました。

 

これまで、飛行中のドローンをバッテリなしで飛行させる技術として、レーザーを使って電力を供給する方法が、米国防高等研究計画局(DARPA)はじめ、多くの民間企業によって研究されてきました。しかしこの方法には、レーザーの光の強さはドローンとの距離に伴って低下するにもかかわらず、レーザー光線の質を確保し、それによって安定した強い光線をドローンに届けなければならないという課題がありました。

 

これに対し、レイクダイヤモンドが開発したのは、レーザー光線を従来より遠くに、さらに質を落とさず飛ばすことができる人工ダイヤモンドです。同社によると、このダイヤモンドで強化した電源のネットワークを地上に配置すれば、ドローンの長距離飛行が可能になります。また、大型バッテリを搭載する必要がないため余分な動力も消費しなくてすみます。

 

同社が開発したテストシステムでは、現在直径1.55μmのレーザー光線による4Wの送電が可能です。最長10m離れた場所にいる手のひらサイズのドローンにも、時間無制限で電力を供給し続けることができます。

 

レイクダイヤモンドの最高経営責任者(CEO)パスカル・ガロ氏は、「次のステップは、最長100m離れた場所を飛ぶプロ仕様のドローンに100Wの電力を供給できるシステムを2、3年以内につくることだ」と語っています。

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

© DRONE NEWS