米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

Public Radio Tulsaに掲載された記事によると、オクラホマ州政府は農村地帯の個人の敷地上においてドローンが飛行することを禁止する法案を検討しています。

 

州議会上院議員Casey Murdock氏によると、ドローンの飛行が禁止されるのは400フィート(120メートル)以下の上空で、違反すると最大1年の懲役が課せられるということです。

 

Murdock氏は次のように話しています。「現段階では、これはプライバシーと資産保護の問題であると捉えています。FAAによる規制を守らないドローンを州や自治体が取り締まれるように制度を整えたいのです。都市部以外に暮らす住民も、都市部の住民と同じようにプライバシーを守りたいはずです。広大な土地を持っているからといって、その上空をドローンが飛行してプライバシーを侵害されることを我慢しなくてはいけないのはおかしい」

 

ただし、州政府や連邦政府、警察、公共事業、そして石油やガス会社などFAAによって許可された商業活動によって使用されるドローンは法律の適用外となります。

 

オクラホマ州には大きなドローン関連企業があり、多くの人々が雇用されているため、影響は大きいと見られています。法案が可決されるかどうかは不透明です。

 

(画像引用:https://dronedj.com/2019/02/14/oklahoma-drone-restrictions/)

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

NEWS

サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発

© DRONE NEWS