熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

南小国町観光協会とコマンドディーは2019年2月13日、両者が共同運営する、ドローン飛ばし放題サービス「南小国ドローン手形」が2018年10月10日のオープンから3カ月で利用者が60名を突破したと発表しました。

 

また、これに伴い、
1. 地図上から現地のサンプル動画や写真、周辺の観光情報を閲覧可能
2. 対人対物保険が料金変わらず付帯
3. 充電のためのモバイル電源の貸し出し、の3つのサービスを追加します。

 

南小国ドローン手形とは、熊本県阿蘇郡南小国町の「温泉手形」にちなんだもので、対象の三愛レストハウス、押戸石の丘、親水公園、平野台展望所、旧星和小学校の5カ所で手形を掲示することで、ドローンを飛ばし放題できるサービスです。提示する手形は、南小国町の小国杉で、制作しています。
参照):https://dronetegata.com/

 

今回新たに追加した3つのサービスの特徴は、まず、1.地図上からサンプル動画や写真を閲覧可能については、以下のリンクより実際のロケーションに行く前に場所ごとの空撮動画や写真などを閲覧することができます。

・地図情報システムHec-Eye 南小国町観光情報ページ
  https://bit.ly/2RXaeA3

 

また、2.対人対物保険が料金変わらず付帯については、東京海上日動によって、「南小国ドローン手形保険」を用意しました。いままでのドローン手形の料金はそのままで、「対人対物1億円の保険が付帯」します。(2019年2月1日より)

 

そして、3.充電のためのモバイル電源の貸し出し(1日1名)については、ドローン飛行のために必須な電気を移動しながら充電できるように、持ち運び可能な電源を貸し出しします。

(画像引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000031867.html)

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

© DRONE NEWS