DARPA、海底で作業を行う全自動ドローンの開発者を募集

アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)は、オペレーターなしで海底の物体を処理できるドローンの開発者を募集しています。海底で通信ケーブルを繋いだり、ミサイルの破片や残骸を処理したりといった作業が想定されていて、「Angler(釣り人)」と呼ばれるドローンが有用なのではないかと考えています。

 

DARPAは政府のウェブサイト「Federal Business Opportunities」に、「人間による指令や介入なしに、長距離輸送や、海底にある物体を物理的に処理できる完全自動型の海底ロボット」を開発したい旨を掲載しています。

 

募集要項では次のように述べられています。「開発を検討しているロボットシステム「Angler」は、ナビゲーションや、捜索、調査や物体の処理を行う完全自動型を想定しています。ロボットはセンサーを搭載し、自己位置推定、障害物の回避、水中にあることによって受ける影響の制御、ミッションの遂行を自律して行うことが求められます。暗く、不透明で、激しい流れのある海底であってもです」

 

DARPAは募集に対して多くの応募があることを予想しているとした上で、「Angler」プログラムでは複数の候補者を選び、さらにその中から一つのデザインを選ぶと提示しています。

 

(画像引用:https://www.popularmechanics.com/military/research/a26089634/darpa-angler-ocean-drone/)

NEWS

ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

NEWS

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

NEWS

サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発

NEWS

ドローンで違法薬物を刑務所に届けようとした男、逮捕され自分が刑務所へ イギリス

NEWS

パラシュートの紐の間をドローンがくぐり抜ける!「GoPro Million Dollar Challenge」受賞動画が必見

NEWS

DARPA、海底で作業を行う全自動ドローンの開発者を募集

© DRONE NEWS