DJI製ドローンとアプリ「Litchi」によって夜空にピカチュウが出現?!

ドローンを使って空に光の絵が描かれる光景は様々な場所で目にしますが、Russel Klimas氏ほど精巧な光の絵を描ける人はそうはいません。Klimas氏は、DJI製ドローン用のサードパーティーアプリ「Litchi」を使い、数百もの「ウェイポイント」を用いて空に芸術を描きます。

 

ウェイポイントとは、DJI製ドローンが持つ機能で、あらかじめ設定した位置ポイントをたどってドローンを自動飛行させるものです。入念な準備をすれば、ウェイポイントとLitchiによる芸術の可能性は無限に広がります。

 

Klimas氏は、Google EarthとLitchiのウェイポイントアプリを使って、非常に繊細な飛行ルートを設定しているといいます。「Google Earthを使えば、ドローンに通過させたいポイントの位置情報を詳細に、正確に得ることができます。また、イメージオーバーレイの機能で軌道を地図上に描いてみることができるのがとても良いのです。ただしその作業は集中と根気が必要です」と話しています。

 

Klimas氏が使用しているドローンはDJI Mavic 2 Proです。

 

(画像引用:https://dronedj.com/2019/02/04/drone-light-painting-waypoints-litchi/)

NEWS

ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

NEWS

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

NEWS

サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発

NEWS

ドローンで違法薬物を刑務所に届けようとした男、逮捕され自分が刑務所へ イギリス

NEWS

パラシュートの紐の間をドローンがくぐり抜ける!「GoPro Million Dollar Challenge」受賞動画が必見

NEWS

DARPA、海底で作業を行う全自動ドローンの開発者を募集

© DRONE NEWS