Featured Video Play Icon

FullDepth、水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」で錦江湾に生息するサツマハオリムシの映像撮影に成功

水中ドローン専業メーカーFullDepthは2019年1月31日、同社開発の水中ドローンを使用して、2018年12月10日に、鹿児島県の錦江湾の海底に生息する希少生物「サツマハオリムシ」の群生地の撮影に成功したと発表しました。

 

これは、鹿児島大学水産学部の練習船「南星丸」による調査に同行して行われました。希少生物であるサツマハオリムシの生息域と想定される調査海域に到着後、水深約160mまでドローンで潜航し、付近の調査を行いました。そしてサツマハオリムシと思われる生物の群生地を発見し、映像資料の撮影に成功しました。

 

使用したのはFullDepth開発の遠隔操作型無人潜水ドローン「FullDepth DiveUnit300」です。同機はサイズ・重量ともにコンパクトに設計された可搬型となっています。運用に必要なものは本体とPC、そしてその2つをつなぐ通信用のテザーケーブルのみとなっており、手軽に水中調査を行うことができます。

 

撮影された映像などは、いおワールドかごしま水族館や新江ノ島水族館での展示も検討しているそうです。

(動画引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000024434.html)

NEWS

FullDepth、水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」で錦江湾に生息するサツマハオリムシの映像撮影に成功

NEWS

伊豆半島の絶景地をドローンを持って旅する無料企画開催。静岡県広聴広報課が参加者を募集開始

NEWS

東京都足立区がドローン民間会社と災害時でのドローン活用協定を締結。現場の状況をリアルタイムで防災センターに伝送

NEWS

気象庁がドローンを用いた火山の観測手法導入へ。2019年中に全国の火山で

NEWS

長野県の松本広域消防局が折り畳み式の携帯ドローン2機導入。災害現場の様子の撮影に使用

NEWS

米国東部メーン州の川に巨大な氷盤が出現。ドローンで撮影した動画がSNSで話題に

NEWS

Googleが空撮風アニメの作成が可能なオンラインサービス「Google Earth Studio」発表

NEWS

世界最軽量の赤外線カメラ搭載ドローン「デュアルサーチ200」登場!

© DRONE NEWS