セキドが「ドローン 下取りサービス」実施。不要なドローンを、最新ドローンに20,000円引きで乗り換え

セキドは2019年1月28日、オンラインストア・直営店2店舗で手持ちの不要なDJIドローンを下取りして、最新機種を購入できる「ドローン 下取りサービス」を実施すると発表しました。

 

これは「最新ドローン MAVIC 2 PRO / MAVIC 2 ZOOM へ乗り換えよう!春の空撮キャンペーン」と題して、手持ちのDJIドローンを下取りし、「DJI MAVIC 2 PRO / MAVIC 2 ZOOM」を20,000円引きで購入できるというキャンペーンです。

 

下取り対象DJIドローンは、SPARK / MAVIC シリーズ/PHANTOMシリーズ/NSPIREシリーズ/MATRICEシリーズとなります。下取りの条件は、機体・送信機・バッテリー・充電器・プロペラが揃っていることで、故障して動かない製品でも問題ないとのことです。

 

申し込み受付期間は、2019年4月24日までで、クーポン有効期限は2019年4月30日までとなっています。

 

キャンペーンの詳細はhttps://www.sekido-rc.com/?tid=38&mode=f232を参照

(画像引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000165.000016343.html)

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

© DRONE NEWS