気象庁がドローンを用いた火山の観測手法導入へ。2019年中に全国の火山で

Yahoo!ニュースの2019年1月21日の報道によると、気象庁は日本全国の火山で、ドローンを用いた新たな観測手法を2019年中に導入します。

 

これは、白根山の噴火で実態把握に手間取ったことへの反省から決定されました。人が近づきにくい火口周辺で温度計測し、火山活動を正確に見極めるためです。迅速に噴火警戒レベルを判断できるようにするのが狙いです。

 

計測した地表温度の分布から地下のマグマの状況を推定したり、撮影した噴石の飛散状況などから噴火規模を判断することを検討します。

 

気象庁によると、通常は噴火直後から機動観測班が地表温度を計測しますが、危険回避のため現場から離れて観測せざるを得ません。しかし、ドローンなら火口周辺に近づいてデータを得られるため、より正確に観測できるため活用に至りました。

 

また、全国の火山周辺は観光地が多く、高い噴火警戒レベルの長期化で地元経済に影響が出る場合があります。ドローン活用で状況を迅速に判断し、こうした経済的な損失を減らすのも狙いの一つです。

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

© DRONE NEWS