長野県の松本広域消防局が折り畳み式の携帯ドローン2機導入。災害現場の様子の撮影に使用

日本経済新聞の2019年1月22日の報道によると、長野県松本市の松本広域消防局は2019年1月21日、ドローン2機を導入し、運用を開始しました。

 

これは、上空から災害現場などの情報を収集するために導入したものです。県内では防災用にドローンを利用している地域もありますが、松本広域消防局が導入したドローンは折り畳んで手軽に携帯できるのが特徴です。このため、車両が入りにくい場所でも持ち込めます。

 

同消防局は、1月21日にドローンを実際に操縦し、実演飛行しました。このドローンは広げたときの大きさは約30cmで、重さは743gです。操縦装置との情報伝送距離は約4kmで、機動性を重視しています。災害現場の様子のカメラ撮影に使用されます。

(画像引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40283040R20C19A1L31000/)

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

© DRONE NEWS