サーマルカメラを搭載したドローンが行方不明の88歳男性を発見

2019年1月7日夜、テキサス州ブラウンズビルの警察と消防隊が、行方不明だった88歳の男性を発見、救助しました。ブラウンズビル警察のスポークスマンMelissa Gonzalezによると、男性が7日の17時半ごろに姿を消したと家族から通報があったということです。男性を発見するきっかけとなったのは、赤外線映像処理技術を搭載したサーマルドローンでした。

 

男性を発見したのは、消防局のドローンオペレーターDesi Tristanです。サーマルカメラを搭載したドローンによって23時頃、市内の堤防付近にある草むらに座っている男性を発見しました。男性は発見後すぐに病院には運ばれ、健康状態に問題はないということです。

 

ここ数年、ドローンが捜索、救助に活躍することが増えています。ブラウンズビル消防局次長のCesar Pedrazaも、「今回男性の命を救ったのはドローンだ」と話しています。

 

今回使用されたドローンの機種は明らかになっていませんが、公開された動画からDJI製のドローンではないかと見られています。

 

(画像引用:https://dronedj.com/2019/01/09/thermal-drone-helps-find-man/)

NEWS

ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

NEWS

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

NEWS

サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発

NEWS

ドローンで違法薬物を刑務所に届けようとした男、逮捕され自分が刑務所へ イギリス

NEWS

パラシュートの紐の間をドローンがくぐり抜ける!「GoPro Million Dollar Challenge」受賞動画が必見

NEWS

DARPA、海底で作業を行う全自動ドローンの開発者を募集

© DRONE NEWS