アメリカ・ワシントン州でドローン規制とプライバシー問題に関わる訴訟が勃発

ワシントン州ポートタウンゼンドに拠点を置き、民間射撃場や軍・警察のトレーニング施設を開発しているFort Discovery Inc.は、それらの建設に反対しているTarboo Ridge Coalitionを相手取って複数の訴訟を起こしています。これらの法律バトルは、今後のドローンに関する法律を決める指針となるかもしれません。

 

Fort Discovery Inc.の弁護士、Greg Overstreetによると、Tarboo Ridge CoalitionのメンバーがFort Discovery Inc.の持つ建設現場の上空にドローンを飛ばし、空中権を侵害したということです。

 

一方Tarboo Ridge Coalitionのプレジデント、Peter Newlandは、「ドローンは上空350フィートを飛行して、Fort Discovery Inc.が所有する土地の写真を撮った」と述べています。「住民の反対によって建設が一時的に停止されているはずの場所で、建設が進んでいた」と主張しています。

 

Overstreetは、「Fort Discovery Inc.はそのような違反をしていない。時間とお金をかけてでもTarboo Ridge Coalition側の主張が虚偽であることを証明しなくてはならない。また、Tarboo Ridge Coalitionの主張は、自らがFort Discovery Inc.の空中権を侵害したことを認めるものである」と述べています。

NEWS

釣りのシステムを応用したドローンによる水難救助活動が話題

NEWS

アメリカのドローン規制が改正か 人の上空も飛行できるように

NEWS

AEE AviationがAIを搭載したドローンの開発を発表

NEWS

FAA、アメリカ大手保険会社State Farmにドローン飛行規制の免除

NEWS

サーマルカメラを搭載したドローンが行方不明の88歳男性を発見

NEWS

カナダでドローンに関する新規制が発表、施行は2019年6月から

NEWS

中東イエメンで政権側の軍事パレードを反政府武装組織のドローンが攻撃。兵士ら20数人が死亡・負傷

NEWS

アメリカ・ワシントン州でドローン規制とプライバシー問題に関わる訴訟が勃発

© DRONE NEWS