ニューヨーク市警察、新年カウントダウンの警備におけるドローン使用を中止

ニューヨーク市警察は、タイムズスクエアで2018年の大晦日から2019年元日にかけたカウントダウンを祝うイベント「ボール・ドロップ」の安全のために、ドローンを使用することを計画していましたが、実際にはドローンは使用されませんでした。

 

ドローン使用中止の原因は雨です。ニューヨーク市警察長のTerence Monahanは、強い雨と風のため、安全にドローンを使用することが不可能であると判断したと語っています。

 

計画では、ドローン、制服を着た警察官、私服の警察官をそれぞれタイムズスクエアの各所に配置するなど、様々な安全策が行われる予定でした。当日はドローンの代わりにヘリコプターが使用され、100万人以上の人々が集まってお祝いするマンハッタンのカウントダウンは無事に終了しました。

 

またニューヨーク市警察は、タイムズスクエアの人混みの上空を民間のドローンが飛行することを防ぐため、カウンタードローン技術を用いました。

 

Monahanは2019年1月1日、自身のツイッターで「雨の中タイムズスクエアの安全を守ってくれた警察官、そして今も各区画でニューヨーク市民を見守っている数千人の警察官のみなさん、新年あけましておめでとう。家族と過ごしたい1日に立派に職務を全うしてくれてありがとう」と述べています。

 

(画像引用:https://dronedj.com/2019/01/03/no-nypd-drone-new-years-eve/)

NEWS

ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

NEWS

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

NEWS

サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発

NEWS

ドローンで違法薬物を刑務所に届けようとした男、逮捕され自分が刑務所へ イギリス

NEWS

パラシュートの紐の間をドローンがくぐり抜ける!「GoPro Million Dollar Challenge」受賞動画が必見

NEWS

DARPA、海底で作業を行う全自動ドローンの開発者を募集

© DRONE NEWS