ニューヨーク市警察、新年カウントダウンの警備におけるドローン使用を中止

ニューヨーク市警察は、タイムズスクエアで2018年の大晦日から2019年元日にかけたカウントダウンを祝うイベント「ボール・ドロップ」の安全のために、ドローンを使用することを計画していましたが、実際にはドローンは使用されませんでした。

 

ドローン使用中止の原因は雨です。ニューヨーク市警察長のTerence Monahanは、強い雨と風のため、安全にドローンを使用することが不可能であると判断したと語っています。

 

計画では、ドローン、制服を着た警察官、私服の警察官をそれぞれタイムズスクエアの各所に配置するなど、様々な安全策が行われる予定でした。当日はドローンの代わりにヘリコプターが使用され、100万人以上の人々が集まってお祝いするマンハッタンのカウントダウンは無事に終了しました。

 

またニューヨーク市警察は、タイムズスクエアの人混みの上空を民間のドローンが飛行することを防ぐため、カウンタードローン技術を用いました。

 

Monahanは2019年1月1日、自身のツイッターで「雨の中タイムズスクエアの安全を守ってくれた警察官、そして今も各区画でニューヨーク市民を見守っている数千人の警察官のみなさん、新年あけましておめでとう。家族と過ごしたい1日に立派に職務を全うしてくれてありがとう」と述べています。

 

(画像引用:https://dronedj.com/2019/01/03/no-nypd-drone-new-years-eve/)

NEWS

釣りのシステムを応用したドローンによる水難救助活動が話題

NEWS

アメリカのドローン規制が改正か 人の上空も飛行できるように

NEWS

AEE AviationがAIを搭載したドローンの開発を発表

NEWS

FAA、アメリカ大手保険会社State Farmにドローン飛行規制の免除

NEWS

サーマルカメラを搭載したドローンが行方不明の88歳男性を発見

NEWS

カナダでドローンに関する新規制が発表、施行は2019年6月から

NEWS

中東イエメンで政権側の軍事パレードを反政府武装組織のドローンが攻撃。兵士ら20数人が死亡・負傷

NEWS

アメリカ・ワシントン州でドローン規制とプライバシー問題に関わる訴訟が勃発

© DRONE NEWS