インドネシア西部スンダ海峡での津波被害、行方不明者をドローンで捜索

2018年12月22日にインドネシア西部スンダ海峡で発生した津波のため、400名以上の死者だけでなく、多数の行方不明者も出ています。陸路が絶たれ孤立した村は6つにのぼり、捜索等の活動にドローンが使用されました。

 

津波から3日後の2018年12月25日、インドネシア軍とボランティアチームがドローンを使って海岸沿いの捜索にあたったものの、豪雨の影響で捜索は難航しました。

 

この津波は、スマトラ島とジャワ島の間にあるスンダ海峡に位置する火山島、アナク・クラカトアの噴火が、ちょうど満潮時に発生したことが原因と見られています。2018年12月26日時点で、154人が行方不明、1400人以上が負傷、数千人が仮設テントや仮設シェルターに避難しています。交通が混乱している影響で、食料、水、ブランケットなど必要物資の配達も間に合っていない状況です。

 

津波発生直後、ファーストレスポンダーはドローンと捜索犬を駆使して被害状況の把握に努めました。現在もドローンによる孤立した村の捜索が続いています。津波は高さ15フィートにまで到達したと報道されています。捜索に使われたドローンの機種は明らかになっていません。

 

(画像引用:https://dronedj.com/2018/12/26/drones-indonesia-tsunami/)

NEWS

ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

NEWS

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

NEWS

サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発

NEWS

ドローンで違法薬物を刑務所に届けようとした男、逮捕され自分が刑務所へ イギリス

NEWS

パラシュートの紐の間をドローンがくぐり抜ける!「GoPro Million Dollar Challenge」受賞動画が必見

NEWS

DARPA、海底で作業を行う全自動ドローンの開発者を募集

© DRONE NEWS