JDRAとドローン検定協会がドローンレースの国内標準化を推進。レーサーライセンスの発行へ

DRONEの2018年12月20日の報道によると、一般社団法人ドローンレース協会(JDRA)とドローン検定協会は、ドローンレースの国内標準化を推進していくと発表しました。

 

これにより、まずドローン検定協会とJDRAが協力して大会に用いるルールブックを策定し公開します。これは、ドローンレースの普及には、一般化された公式ルールブックの存在が重要であるという考えからです。

 

そして、今後各地で開催される大会で、同一のルールブックが用いられることで、大会参加への様々な問題が解決され、競技人口増加につながること期待しています。ルールブックの公開およびライセンス認定は2019年春を予定しています。

 

また、ルールなどの把握と操縦技術水準を合わせるため、両者が協力してレーサーライセンスの発行を行います。ライセンス取得に必要な基礎的操縦技能は、全国各地のドローン教習所で実施されている「応用技能講習(目視外)」の受講を活用します。これに加え、JDRA監修のレーサー講習を受講することでドローン検定協会公認のレーサーライセンス発行を行う方針です。

 

さらに、今回の提携にあたり、eラーニングによる教材開発を手掛けるグローバルキャスト社と協力し、eラーニングシステム「Propeller Lab」を通して全国各地でレーサー講習を受講できる環境も整える予定です。

(画像引用:https://www.drone.jp/news/20181220114840.html)

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

© DRONE NEWS