Featured Video Play Icon

岩手県宮古市の県立宮古病院が最大積載量6kgの「物資搬送用ドローンQS8」による衛星電話の輸送実験に成功

スカイシーカーは2018年12月10日、第6回日本災害医療ロジティクス研修が、2018年10月22日に岩手県宮古市にある県立宮古病院で行われましたと発表しました。

 

これ研修は災害発生のため孤立した病院へ物資を輸送するという飛行実験で、岩手県ドローン協会とその加盟企業であるドローンショップ仙台、佐藤興産、スカイシーカー(協力企業)が、ドローンの活用の場を広げるために実施しました。

研修では、災害時に病院が孤立したと想定し、最大積載量6kgの「物資搬送用ドローンQS8」による、衛星電話の輸送実験を実施しました。

 

まず、中型ドローンを飛行させて周辺の安全確認を行い、その撮影データを参考にQS8の自動飛行ルートを作成、国道や建物から30m以上の安全距離を確保するため、病院横の森林上空を飛行させました。

 

次に、作成した自動飛行ルートを元に、衛星電話を積載したQS8が往復1.5kmの距離を自動で飛行し、目的地である宮古病院屋上の職員へと衛星電話を届けることに成功しました。

 

使用したドローン「物資搬送用ドローンQS8」は、スカイシーカーがDJI社「Windシリーズ」をベースにDJI JAPANと東京都あきる野市と共同開発したドローンです。

 

最大6kg(推奨)の物資を積載することができ、物資搬送に特化したドローンです。高性能な防塵・防滴性能や拡張性の高いカメラマウントを有しており、さまざまなカメラが搭載できることから災害現場の正確な状況確認も可能であり、大規模災害現場での飛行に非常に適しています。

(動画引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000025357.html)

NEWS

米国東部メーン州の川に巨大な氷盤が出現。ドローンで撮影した動画がSNSで話題に

NEWS

中国ECサイトの京東が四川省広安市でドローン配送を正式にスタート。30kgまでの食品・電化製品・洋服などを配送

NEWS

ドローンをバッテリなしで飛行させる新技術!スイスのスタートアップがレーザー光線をより遠く、質を落とさず飛ばせる人工ダイヤを開発

NEWS

中東イエメンで政権側の軍事パレードを反政府武装組織のドローンが攻撃。兵士ら20数人が死亡・負傷

NEWS

福岡市ドローン物流協議会がドローンを使った輸送検証を実施。唐泊港から玄界島を往復し医薬品やワカメを輸送

NEWS

英国ヒースロー空港がドローンの飛来で出発全便の運航を一時停止

NEWS

ドローンと自動車が合体した「Pop.Up Next」がプロトタイプのテスト飛行に成功。10年以内に実用化へ

NEWS

グアルディオラが練習にドローンを導入!サッカー界に旋風を巻き起こすか

© DRONE NEWS