Featured Video Play Icon

岩手県宮古市の県立宮古病院が最大積載量6kgの「物資搬送用ドローンQS8」による衛星電話の輸送実験に成功

スカイシーカーは2018年12月10日、第6回日本災害医療ロジティクス研修が、2018年10月22日に岩手県宮古市にある県立宮古病院で行われましたと発表しました。

 

これ研修は災害発生のため孤立した病院へ物資を輸送するという飛行実験で、岩手県ドローン協会とその加盟企業であるドローンショップ仙台、佐藤興産、スカイシーカー(協力企業)が、ドローンの活用の場を広げるために実施しました。

研修では、災害時に病院が孤立したと想定し、最大積載量6kgの「物資搬送用ドローンQS8」による、衛星電話の輸送実験を実施しました。

 

まず、中型ドローンを飛行させて周辺の安全確認を行い、その撮影データを参考にQS8の自動飛行ルートを作成、国道や建物から30m以上の安全距離を確保するため、病院横の森林上空を飛行させました。

 

次に、作成した自動飛行ルートを元に、衛星電話を積載したQS8が往復1.5kmの距離を自動で飛行し、目的地である宮古病院屋上の職員へと衛星電話を届けることに成功しました。

 

使用したドローン「物資搬送用ドローンQS8」は、スカイシーカーがDJI社「Windシリーズ」をベースにDJI JAPANと東京都あきる野市と共同開発したドローンです。

 

最大6kg(推奨)の物資を積載することができ、物資搬送に特化したドローンです。高性能な防塵・防滴性能や拡張性の高いカメラマウントを有しており、さまざまなカメラが搭載できることから災害現場の正確な状況確認も可能であり、大規模災害現場での飛行に非常に適しています。

(動画引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000025357.html)

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

© DRONE NEWS