2019年度はドローンにフォローの風が!政府が重要インフラ補修のため3年間で3兆円超を投入

日本経済新聞の2018年12月4日の報道によると、政府は老朽化した重要インフラを補修するため、2018年度から20年度までの3年間で3兆円超を投じる方針を固めました。

 

このため、年末の2019年度予算案では1兆円程度を計上することになります。当初予算ベースの公共事業関係費は7兆円規模となり、前年度より最大で2割増となります。これは、10年ぶりの高水準になるそうです。

 

これにより公共事業費も大きく増額されるようで、当初予算の一般会計総額は初めて100兆円を突破しそうだと日経では見解を示しています。財源は建設国債の発行でまかなう方針です。

 

最近では、インフラ補修にドローンを取り入れることが多く、2019年以降はドローンにもフォローの風が吹くことになりそうです。

 

2018年は西日本豪雨や北海道地震など災害が続きました。政府はこれを受けて2018年11月までに全国のインフラを点検しました。その結果、インフラの老朽化が進んでいることがわかり、非常用電源の改修が必要な空港や人命に危険が及ぶ可能性のある河川が多く見つかっています。

 

国土交通省によると2018年3月時点で73万カ所ある道路橋の25%である11,000カ所のトンネルのうち2割は建設から50年以上が経っているそうです。

 

また、補修には今後30年で約195兆円の費用がかかります。これは、インフラの補修だけで、1年分の公共事業費がかかる計算になります。

 

今日、これらインフラの点検や補修において、ドローンが欠かせない存在となってきています。ドローン自体の性能や精度も日増しに向上していることもあり、今後のインフラ補修によってドローンの需要が大きく拡大することになりそうです。

(画像引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3852278004122018000000/)

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

© DRONE NEWS