ドローンファンドがノルウェーの大型ドローン事業を展開するグリフ・アビエーションに約2億6000万円を出資

日本経済新聞の2018年12月4日の報道によると、ドローン関連事業に特化して投資するドローンファンドは、ノルウェーのグリフ・アビエーションに230万ドル(約2億6000万円)を出資しました。

 

グリフ・アビエーションは最大200kgまで運べる大型ドローンを開発しています。このドローンは山間部や建設現場で物資運搬に使われており、ヘリコプターに比べて輸送コストを抑えられるのが特徴です。日本でも物流や通信、建設業界での利用を見込んでいます。

 

ドローンファンドは今回の出資で株式の約15%相当を保有することになります。グリフ・アビエーションのドローンの機体は欧州連合(EU)の航空当局が定めた安全基準に適合しています。この調達資金で製造体制を強化し、機体の軽量化やバッテリーの長寿命化をすすめる方針です。

(画像引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3851800004122018000000/)

NEWS

函館市のアサヒ商会がドローンを使った巡回・輸送システムを販売。農場やキャンプ場の巡回・管理や軽量荷物の配達を想定

NEWS

ドローンが水難被災者へライフジャケットを届けるサービス開始!ドローンネットが救助活動にドローンを活用

NEWS

サービス料5,000円/年で1億円の支払い!保険とドローン飛行支援地図セットサービス「SORAPASS care」が登場!

NEWS

ドローンファンドがノルウェーの大型ドローン事業を展開するグリフ・アビエーションに約2億6000万円を出資

NEWS

FullDepthが水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」を使い茨城県の花貫ダムでダム点検実証試験を実施。ダム上流側壁面の網羅的撮影に成功

NEWS

2019年度はドローンにフォローの風が!政府が重要インフラ補修のため3年間で3兆円超を投入

NEWS

テラドローンとヤナイ・ソフトウエアーがドローンを用いた屋根点検・積算事業で提携

NEWS

岡山県和気町でドローンを使った荷物配送の実証実験がスタート。コンビニ弁当や生鮮食品などを配送

© DRONE NEWS