Featured Video Play Icon

オーストラリア・Emesentが鉱山調査ドローンの開発資金250万ドル調達

オーストラリアのスタートアップ企業「Emesent」は、自律飛行ドローンによって鉱山の地図を作るシステムの開発資金250万ドルを調達しました。同社のドローンは、GPSや他のナビゲーションシステムが使えない地下環境でも、代わりにLIDARを使った測量、調査を可能とします。

 

EmesentのCEO、Stefan Hrabar氏は、同社のドローンは、従来は人の手によって行われていた「単調で、汚くて、危険な」作業を代わりにドローンがやってくれるのだと語ります。

 

爆破によって作られた坑道や、その付近の大きな地下の空洞を調査するのは危険で難しい作業です。従来の人による調査では、データが取れない部分が多くあります。Emesentは、独自に開発したソリューション「Hovermap」と、LIDARに対応したDJI製のドローンMatriceを使用します。このドローンは強力なコンピューターを内蔵し、飛行中に自己位置推定と地図作成を同時に行うことが可能です。作業はより安全になり、正確なデータを収集できます。

 

Emesentは、このシステムをターンキーソリューションとして提供したいと述べています。SLAMシステム、データ分析機能も組み込むことができます。

 

Hrabar氏は、「作業日の終わりに見るのが、膨大なデータの羅列ではなく、分析まで終わって完成されたレポートであるほうがいいでしょう。我々のソリューションなら飛行中にデータの収集だけでなく分析も終わらせることができます」と話しています。

NEWS

Senteraのドローン用最新マルチスペクトルカメラ、プレオーダー受付開始

NEWS

フィンランド政府、警察にドローンの電波妨害を許可する見通し

NEWS

シンガポール、HES Energy Systemsの新ドローン「Hycopter」

NEWS

SNSで大人気、ドローンで撮影された「ヒグマ親子の危機」に専門家が苦言

NEWS

RelmaTechがドローンのID確認、追跡に関する革新的なソリューションを開発

NEWS

自動運転の電気自動車とドローンを組み合わせたフライングタクシー登場!アウディとエアバスが共同開発

NEWS

空港周辺で高度2700メートルを飛行する違反ドローンが目撃される

NEWS

フランスの自動車メーカー・プジョーとDJIがドローンフィルムフェスティバルを開催

© DRONE NEWS