コロラド州のドローンクラブ「Central Colorado UAS Club」が1周年

「Central Colorado UAS Club」は、ドローンの安全運行推進のため発足してからちょうど1年の記念日を迎えました。

 

「私達の第1回目のミーティングは2017年10月21日でした。それからというもの、会員数は大きく増え、地域からの手厚いサポートを受け、コロラド州全域で知られるようになりました。現在会員数は30名に達しました。これは大きな成果です」と、代表のTaylor Albrecht氏は述べます。

 

クラブのミーティングは毎月第一土曜に、また、教育セミナー、ドローンに興味がない人々にも興味を持ってもらうためのプログラムも随時開催されています。

 

チャフィー郡経済開発公社のWendell Pryor氏は次のように語りました。
「チャフィー郡は、他自治体に先立ってドローンを経済政策に取り入れ始めました。ドローンに関する郡諮問委員会を作ったのもチャフィー郡がアメリカ国内で初、そして唯一です。Central Colorado UAS Clubは重要な役割を果たしています。さらに、パート107適用のパイロットを養成するための学校が作られ、商業用ドローンのパイロットは増え続けています。」

 

「パート107」とは、アメリカ連邦航空局が2016年6月に追加した航空規則です。無人航空機システムの免許を持っているパイロットであれば、有人飛行機用のパイロットの免許なしに商業用ドローンを飛ばすことができるというものです。

 

2018年10月18日、Central Colorado UAS Clubはセントラルコロラド地域空港で記念イベントを行い、訪れた人々は室内でドローンの操縦を体験するなどイベントを満喫しました。

 

(画像引用:https://unmanned-aerial.com/central-colorado-uas-club-celebrates-one-year-of-drone-advocacy

NEWS

Senteraのドローン用最新マルチスペクトルカメラ、プレオーダー受付開始

NEWS

フィンランド政府、警察にドローンの電波妨害を許可する見通し

NEWS

シンガポール、HES Energy Systemsの新ドローン「Hycopter」

NEWS

SNSで大人気、ドローンで撮影された「ヒグマ親子の危機」に専門家が苦言

NEWS

RelmaTechがドローンのID確認、追跡に関する革新的なソリューションを開発

NEWS

自動運転の電気自動車とドローンを組み合わせたフライングタクシー登場!アウディとエアバスが共同開発

NEWS

空港周辺で高度2700メートルを飛行する違反ドローンが目撃される

NEWS

フランスの自動車メーカー・プジョーとDJIがドローンフィルムフェスティバルを開催

© DRONE NEWS