Ryze Techが複数のプログラミング言語に対応し、ドローンの編隊飛行が可能なプログラミング教育用ドローン「Tello EDU」を発売

Telloミニドローンを製造するRyze Techは2018年11月15日、プログラミング言語がさらに追加され、ドローンの編隊飛行が可能なプログラミング教育用ドローン「Tello EDU」を発表しました。「Tello EDU」は、DJIオンラインストアstore.dji.comとAppleオンラインストアapple.com、および全世界のAppleストアストア(一部地域を除く)で販売されます。

 

Telloドローンは、物理学やエンジニアリング、コンピュータープログラミングを学べるツールTelloを使ったドローンです。2018年1月にCESでの発表以来、Telloドローンは、ビキナー向けで、費用対効果の高いドローンとして好評だそうです。

 

今回の「Tello EDU」は、Telloドローンの長所をさらに拡張するように構築されています。Scratch、/Swift、/Pythonでプログラミングできるため、初心者、経験を積んだプログラマーどちらでも楽しみながら学ぶことができると言います。

 

また、Tello EDUには、ドローンが認識・反応できる経路上の地点情報として使える4枚のミッションパッドを同梱していること、そしてビデオストリームデータへのアクセスが出来るできるため、ジェスチャーコントロールのような高度制御のコーディングを学習することも可能となります。

 

さらに、重量はわずか87gで、HDカメラを搭載し、フリップやトリックが可能な飛行モードも備えています。加えて、学生や児童向けのバーチャルミッションに挑戦する専用のアプリもあり、AppleのSwift Playgroundsアプリには「Tello Space Travel」アドベンチャーも用意されています。

 

小売価格は16,800円(税込)となっています。

NEWS

人材サービス大手パーソルの子会社が4月をめどにドローン人材育成支援事業に本格参入

NEWS

セキドが農薬散布用ドローンを使用する「セキド農業ドローン講習」開催。農薬の散布に必要な技術認証の取得が可能に

NEWS

体験型ドローンSHOP&SCHOOL「ドローン ザ ワールド」が東京・上野にオープン!

NEWS

中国の京東がインドネシア初の政府承認ドローン試験飛行に成功。リュックサック、書籍など配送品は児童へ寄贈

NEWS

テラ・ラボが愛知県春日井市に中部地区最大級の常設屋内ドローン練習場「テラ・ラボ ドローンアリーナ」を設置

NEWS

スカイシーカーと和郷が農薬散布ドローンで業務提携。研究所を開設し農業ドローン普及を促進

NEWS

大分県日田市にドローンスクール「NDMC大分日田校」が開設。安全面の知識、技能習得に力を入れる

NEWS

アガタ電子が草津市にドローンの操縦士を養成する総工費1.9億円の「ドローンスクールジャパン滋賀草津校」を開校

© DRONE NEWS