テラドローンと早稲田大学が従来の1/3の低価格UAVレーザシステム「Terra Lidar」を共同開発

テラドローンは2018年11月12日、早稲田大学スマート社会技術融合研究機構 主任研究員 鈴木太郎氏と共同で、独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」の共同開発を完了したと発表しました。

 

従来のUAV搭載型レーザシステムは高価なIMU(ジャイロセンサー)を必要とするため、価格が1,500~3,000万円と高価なシステムが主流でした。しかし、「Terra Lidar」ではIMUを必要とせずGNSSのみで位置姿勢推定を行うことで、従来の1/3の低価格化に成功しました。

 

また、UAVのバッテリーの持続時間を2~6分節約し、イニシャライズ場所の確保や複雑な航路の操縦などといったオペレータの負担を軽減しました。これにより、離陸直後からの測位を可能としました。

 

2019年1月から販売開始予定で、初期の本体価格は500万円からを予定しています。現在は、量産化へ向けての製品改良や各地域での実証実験・モニターレンタルを実施しています。

NEWS

中国のスタートアップが重量なんと75gの木製ドローン発売に向けてクラウドファウンディングをスタート

NEWS

東京電力パワーグリッドが1tの積載が可能なドローン開発へ。2月に福島で実証実験実施

NEWS

テラドローン、低価格UAVレーザ「Terra Lidar」提供開始。期間限定のレーザ計測キャンペーンも

NEWS

ジーフォースがデュアルカメラ搭載のドローン「GRANFLOW」を発売。二つの視点からの撮影が可能に

NEWS

スマホなしでもドローン操作できる送信機登場!DJIが「CES 2019」で発表

NEWS

ドローンよりも手軽な空撮キット「Wiral® LITE」が日本上陸。クラウドファンディングサイト「Kibidango」でプロジェクトスタート

NEWS

子どもでも10分で製作できる小型・軽量DIYの木製ドローンがクラウドファンディングサイトMakuakeに登場!

NEWS

iPhoneがドローンに大変身!AppleのドローンiPhone「iPhone X-Drone」のコンセプト動画YouTubeで公開

© DRONE NEWS