長崎県五島市が内閣府の「ドローンi-Landプロジェクト」の一環でドローンによる海洋ゴミ調査事業実施へ

長崎県五島市は2018年11月7日、内閣府の地方創生推進交付金の対象事業である「ドローンi-Landプロジェクト」の一環として、ドローンによる海洋ゴミ調査事業を行うと発表しました。

 

長崎県五島市は、長崎本土から約100km西に位置し、11の有人島と52の無人島で構成されています。世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」などもあり、観光地として注目を集めていますが、過疎地としての人口維持、高齢化への対策を迫られています。

 

そこで、ドローンの利活用による市内への新産業の創出と雇用拡大を目的とし、内閣府の地方創生推進交付金事業として五島市ドローンi-Landプロジェクトを実施しています。

 

今回のドローンによる海洋ゴミ調査事業の内容は、海岸漂着ゴミ・再漂流ゴミに関するデータの項目整理および効果的活用法の仮説の作成・また必要に応じたサンプルデータの取得、そして、これらのデータ収集は、一部または全部をドローンを活用して行いAI開発用データとする、ことです。

 

ドローンの活用による作業の効率化が同市へどのような効果を与えるか、期待されます。

(画像引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000032871.html)

NEWS

ドローンネットがドローン専門ショップ「ドローン ザ ワールド」の大阪大丸心斎橋店と名古屋千種店の2店舗をオープン

NEWS

セキドが分割払いサービス「ドローンクレジット」開始。申込金額は3万円以上1,000万円未満まで可能

NEWS

バイエルクロップサイエンス、中国XAG、XAIRCRAFT JAPANの3社がドローンを活用した日本の農業経営の効率化で提携

NEWS

京大学発ベンチャーのメトロウェザーがドローン事業で総額2.2億円の資金調達。ドップラー・ライダーを使ったドローンの安全運航を目指す

NEWS

ウェザーニューズとKDDIがドローン運航をサポートする高精細気象予測システムを開発。気象要因による事故の予防に大きく貢献

NEWS

11月24日に駒澤大学でエジプトの文化や歴史をドローン撮影と3Dスキャン映像で公開するイベント開催

NEWS

大阪府羽曳野市が白鳥型ドローンを導入。「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録を後押し

NEWS

ドローンの下取りサービス登場!手持ちのDJIドローンが20,000円分のクーポンに

© DRONE NEWS