長崎県五島市が内閣府の「ドローンi-Landプロジェクト」の一環でドローンによる海洋ゴミ調査事業実施へ

長崎県五島市は2018年11月7日、内閣府の地方創生推進交付金の対象事業である「ドローンi-Landプロジェクト」の一環として、ドローンによる海洋ゴミ調査事業を行うと発表しました。

 

長崎県五島市は、長崎本土から約100km西に位置し、11の有人島と52の無人島で構成されています。世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」などもあり、観光地として注目を集めていますが、過疎地としての人口維持、高齢化への対策を迫られています。

 

そこで、ドローンの利活用による市内への新産業の創出と雇用拡大を目的とし、内閣府の地方創生推進交付金事業として五島市ドローンi-Landプロジェクトを実施しています。

 

今回のドローンによる海洋ゴミ調査事業の内容は、海岸漂着ゴミ・再漂流ゴミに関するデータの項目整理および効果的活用法の仮説の作成・また必要に応じたサンプルデータの取得、そして、これらのデータ収集は、一部または全部をドローンを活用して行いAI開発用データとする、ことです。

 

ドローンの活用による作業の効率化が同市へどのような効果を与えるか、期待されます。 

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

© DRONE NEWS