グローバルキャスト、オンライン学習型のドローン講座「Propeller Lab」提供開始

株式会社グローバルキャストは、ドローン教育コンテンツ「Propeller Lab(プロペララボ)」の提供を2018年9月より開始したと発表しました。

Propeller Lab」では、オンラインで「ドローン検定 無人航空従事者試験 3級、4級対策講座」「ドローンレース入門講座」が受講可能です。なお、「ドローン検定 無人航空従事者試験」のオンライン学習型講座は業界初となっています。

講座は動画を中心としており、視聴期間内であれば何回でも視聴可能です。講義動画は最大2倍速まで調節でき、学習時間を短縮できます。

「ドローン検定 無人航空従事者試験 3級、4級対策講座」の概要は以下の通りとなっています。

・受講料 19,440
・学習目安時間 4時間
・視聴期間 6ヶ月間
・対象 ドローン未経験者、初心者

このドローン検定対策講座では、受験申込者数が延べ1万人を突破した「ドローン検定 無人航空従事者試験」の3級、4級試験対策をはじめ、ドローン操縦者が知っておくべき基礎知識が学べます。

同講座には、テキストと模擬試験問題(50問)3回分が付属します。模擬試験問題については、オンラインによる自動採点で、すぐに結果を確認できます。講師は、ドローン検定協会公認指導員などの資格をもつ、有限会社ウイングフライトの風間真氏です。

「ドローンレース入門講座」は「制作編」、「設定編」、「練習編」に分かれており、それぞれの概要は以下になります。

・「制作編」

受講料6,480円、学習目安時間4時間、視聴期間1年間です。

レース用ドローンのパーツの紹介や組み立て方、注意点などが学べます。

・「設定編」

受講料6,480円、学習目安時間2時間、視聴期間1年間です。

作成したレース用ドローンをプロポ(送信機)にバインド(登録)し、飛行できる状態にする方法が学習可能です。

・「練習編」

「操縦練習編」と「操縦実験編」があります。「操縦練習編」では、実際にレース用ドローンを飛行させる前に、シミュレーターを使って操縦方法を習得します。「操縦実践編」では、制作したレース用ドローンを飛行させることが可能です。シミュレーターとの操縦方法の違いや、実際に飛行させる練習方法などを学びます。

このように、ドローンレース入門講座では、これからドローンレースを始めたいという人が、楽しいと思えるレベルに早く押し上げることを目的としています。

講師はドローンレーサーで、ドローンレースのプロスポーツ化、オリンピック化を目指す一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)副代表の横田淳氏です。

 

なお、それぞれの講座の申込~受講開始の流れは以下になります。

・「Propeller Lab」の申込フォームに必要事項を記入
・メールで支払い手続きのURLが届く
URLをクリックし、支払いを行う
・入金確認後、48時間以内に動画視聴のためのURLID、パスワードなどが発送される
・届いた動画視聴URLにアクセスし、IDとパスワードを入力してログインし受講開始

今回の教育コンテンツ「Propeller Lab」は、「ドローンの知識の提供と普及活動」、「確かな技術のドローン操縦士育成」、「ドローン市場を支える人材を育てる」の3点を目的としています。

グローバルキャストは今後も、趣味から業務まで幅広いドローン学習コンテンツの拡充を目指すとしています。

NEWS

人材サービス大手パーソルの子会社が4月をめどにドローン人材育成支援事業に本格参入

NEWS

セキドが農薬散布用ドローンを使用する「セキド農業ドローン講習」開催。農薬の散布に必要な技術認証の取得が可能に

NEWS

体験型ドローンSHOP&SCHOOL「ドローン ザ ワールド」が東京・上野にオープン!

NEWS

中国の京東がインドネシア初の政府承認ドローン試験飛行に成功。リュックサック、書籍など配送品は児童へ寄贈

NEWS

テラ・ラボが愛知県春日井市に中部地区最大級の常設屋内ドローン練習場「テラ・ラボ ドローンアリーナ」を設置

NEWS

スカイシーカーと和郷が農薬散布ドローンで業務提携。研究所を開設し農業ドローン普及を促進

NEWS

大分県日田市にドローンスクール「NDMC大分日田校」が開設。安全面の知識、技能習得に力を入れる

NEWS

アガタ電子が草津市にドローンの操縦士を養成する総工費1.9億円の「ドローンスクールジャパン滋賀草津校」を開校

© DRONE NEWS