業界初!ドローンレンタル「ドロサツ!!」で飛行支援地図サービス「SORAPASS」提供開始

株式会社Drone supply & control(以下ドロサツ)とブルーイノベーション株式会社は、ドローンレンタルサービス「ドロサツ!!」とドローン飛行支援地図サービス「SORAPASS(ソラパス)」を組み合わせた新サービスを、“ドローンの日”に合わせて201810月6日より提供開始すると発表しました。

「ドロサツ!!」×「SORAPASS」サービスの開始により、ドローンレンタル「ドロサツ!!」への申込みだけで、無償で「SORAPASS」の有料コンテンツ(気象情報、3D地図)を含むサービスが利用できます。

SORAPASS」の「気象情報」「3D地図」では、ドローンの飛行に必要な気象予報や上空の風速、風向き情報などを見ることができます。また「SORAPASS」では一目で飛行可能エリア、禁止エリアがわかるほか、ドローンを利用可能な施設の紹介も行っています。

「ドロサツ!!」レンタルサービスの概要は以下になります。

・ドローンを1泊2日7980円~レンタルできる
・ネットで注文できる
・レンタル日の前日に自宅に届く(※一部地域を除く)
・オリジナルの使い方動画により、ドローンが届いたらすぐ使える
・返信用キットや着払い伝票がついており、ヤマト運輸やセブンイレブンで簡単にドローンを返却できる
・ドローンレンタル後に購入したくなった場合の購入支援サービスも提供
・カード決済に対応(法人の場合、口座振込の対応も可能)
DJIのドローン(Mavic ProMavic AirMavic2、PhantomProSparktello)は対人、対物の損害賠償保険が自動付帯
・ドローンのレンタル期間中、無償で「SORAPASS」の有料コンテンツ(気象情報、3D地図)が利用できる(無償期間はドローンのレンタル開始日4週間前~レンタル終了日まで)

空撮用ドローンはまだ高価なものが多い一方、個人が実際にドローンを利用する頻度は、年に数回程度と言われています。その点、「ドロサツ!!」では、必要なときにドローンをレンタルでき、簡単に返却できるのが特徴です。

これまで個人のドローン利用は、新しいものを積極的に取り入れる層などに限られていましたが、「ドロサツ!!」では2017年同時期と比べて利用者が3倍になるなど、ドローン利用は一般層にも急速に広がっています。

その一方で、ドローン利用には安全面の強化や規制対象エリアの認知などの課題があります。

今回のサービスの開始により、「ドロサツ!!」のレンタルドローンの利用者が「SORAPASS」を無償で短期利用できるようになり、ドローンをより身近かつ安全に試せるようになったと言えます。

株式会社Drone supply & controlの概要は以下の通りです。

・代表者 代表取締役社長 米倉暁
・創業 2016121
・事業内容 ドローンレンタル、販売、中古リユース、空撮動画、画像の流通、空撮支援

ブルーイノベーション株式会社の概要は以下になります。

・代表者 代表取締役社長 熊田貴之
・設立 1999610
・事業内容 ドローンパイロット支援事業、法人、公共向けサービス事業、Blue Earth Platform(複数のドローン・ロボットを遠隔で制御し、統合管理するためのベースプラットフォーム)を基軸とした点検、警備、物流、教育、安全、エンターテインメント

NEWS

ジーフォースがデュアルカメラ搭載のドローン「GRANFLOW」を発売。二つの視点からの撮影が可能に

NEWS

スマホなしでもドローン操作できる送信機登場!DJIが「CES 2019」で発表

NEWS

ドローンよりも手軽な空撮キット「Wiral® LITE」が日本上陸。クラウドファンディングサイト「Kibidango」でプロジェクトスタート

NEWS

子どもでも10分で製作できる小型・軽量DIYの木製ドローンがクラウドファンディングサイトMakuakeに登場!

NEWS

iPhoneがドローンに大変身!AppleのドローンiPhone「iPhone X-Drone」のコンセプト動画YouTubeで公開

NEWS

米LIFT AIRCRAFTが世界初の1人乗りフライングマシン「LIFT」を発表。2019年から飛行予約をスタート

NEWS

米Aeronesが高層ビルの窓ガラスを清掃するドローンを開発

NEWS

自動運転の電気自動車とドローンを組み合わせたフライングタクシー登場!アウディとエアバスが共同開発

© DRONE NEWS