米国では、ドローン飛行のための規制が大幅に改革される可能性がある

ドローンと模型飛行機の愛好家をいかに厳密に規制するべきかについては、激しく議論されています。

 

議会は、米国内のアマチュアとプロ両方におけるドローン運用について、実質的な変更を表す2018年連邦航空局(FAA)再承認法の可決を保留しました。

 

ラジコン型航空機の特別規則として知られている第226条の解除をポイントとしたFAA 再認証は、ドローン産業の最大の論点です。2012年のFAA再認証で実施された第336条では、55ポンド以下のラジコン飛行機に、ルールまたは規制が適用されないとしていました。

 

アマチュアによる飛行はまだニッチな関心事ですが、ドローンの進化により、その人気を劇的に高めています。2017年、ドローン飛行にUAVの登録が必要だと訴えたFAAの決定を覆すために、第336条が引用されました。個人や産業界の顧客にとって安全性を証明できるような規制を望んでいたドローン業界は、第336条が使われたことに失望しました。

 

FAAのドローン登録への革新的なアプローチは非常に合理的であり、登録することで、ドローンパイロットの責任と教育につながる。」と、DJFBrendan Schulman副社長は、昨年Recodeに語りました。深圳に拠点を置くDJIは、世界のドローン市場の約3/4を占めています。Brendan Schulman副社長は、「業界と政策立案者の協力によって、このプログラムを妨げる法的問題が解決されることを望む」とも述べています。

 

とりわけ、この新しい法案は、無人機の運航者に「航空知識と安全性テストをパスし、地上400フィート未満の高度を維持する」ことを要求しています。視界を維持しながら日の出と日没の間に、40ノット以下の速度で操作するよう規制もあります。

 

Schulmanはプレス記者会見で、次のように語りました。「DJIは、2018年のFAA再認証法が、ドローンパイロットが安全に飛行し、空での革新的な探求をする権利の再構築を保護することを嬉しく思うし、新しい電子工学の知識テストも必要だと思います。

 

DJIは、ドローンパイロットが安全に飛行するためのルールを理解することに同意し、1年前にドローンについてのFAAルールに関する知識テストを実施しました。私たちは、ユーザーフレンドリーで重要な安全原則にフォーカスした公式テストを実施することで、FAAと協業することを楽しみにしています。」

 

知識テストは支持者にとって大きなポイントとなります。オレゴン州からの民主党員である代表のピーター・ディファジオは、彼の声明において、この夏、私の地区を含め、オレゴン州のドローンユーザーは、野火を起こしたり、友人の模型飛行機と衝突または衝突に近い危険にさらされていたりします。」知識テストは、危険を減らし、規制を厳しくすれば、違反を特定することが容易にできるようになるだろうと、支持者は言います。

NEWS

Senteraのドローン用最新マルチスペクトルカメラ、プレオーダー受付開始

NEWS

フィンランド政府、警察にドローンの電波妨害を許可する見通し

NEWS

シンガポール、HES Energy Systemsの新ドローン「Hycopter」

NEWS

SNSで大人気、ドローンで撮影された「ヒグマ親子の危機」に専門家が苦言

NEWS

RelmaTechがドローンのID確認、追跡に関する革新的なソリューションを開発

NEWS

自動運転の電気自動車とドローンを組み合わせたフライングタクシー登場!アウディとエアバスが共同開発

NEWS

空港周辺で高度2700メートルを飛行する違反ドローンが目撃される

NEWS

フランスの自動車メーカー・プジョーとDJIがドローンフィルムフェスティバルを開催

© DRONE NEWS