遠隔地へ血液を運ぶドローンをどのように「ZIPLINE」が手助けするか

ケラー・リナウド(KELLER RINAUDO)の会社「Zipline」は、自立的な飛行機を利用して、ワクチン、医薬品、血液などの医療用品を世界の届けにくい場所に運んでいます。ルワンダ政府は、2016年、「Zipline」と世界で最初の契約を結び、現在では、「Zipline」が同国の農村人口の血液需要の約5分の1を満たしています。

「23andMe」の共同設立者兼CEOであるアン・ウォシッキー(Anne Wojcicki)は、リナウドの"情熱、献身、そして目標達成への集中"に惹かれたと言います。現在、彼は「Zipline」の拡大にフォーカスしており、「Zipline」は、タンザニアに流通センターを開設する計画で、既存のサービスを改善し、もっと多くの配送を行うために「Zip 2」という新しいドローンを導入しました。

 

「Zip 2」について

1.デュアル式のプロペラ
旧式の「Zip 1」には、それぞれの翼に転属的に回転するプロペラがありました。新しいドローンは、センターラインに2つのプロペラを持っています。1つのプロペラがほこり等で詰まって動かなくなった場合、2番目のプロペラで飛行することができます。

2.尻部分にある小さなフック
「Zip 1」は、ドローンから垂らしたフックを着陸地点に張ったワイヤーに引っ掛けて、分厚いマットレスの上に落としていました。「Zip 2」のフックはより小さくなり、ケーブルが小さなフックにひっかかるようにスナップします。地上に着陸させるのではなく、ドローンを仔魚のような糸で縛って宙吊りにして止めます。

3.ソフトランディング
病院のスタッフは、「Zip 2」が到着する直前にテキストメッセージを受け取ります。そして、ドローンは、安全に荷物を降下させ、2つの駐車スペースのエリア間に置きます。

4.クイックチャージャー
「Zip 1」のバッテリーはぎっしりと詰まっており、地上の乗組員はしばしばワイヤーと戦わなければなりませんでした。新しいドローンのバッテリーは、小さくなり、ソフトウェアのアップデートやその他の改良の進展に伴い、毎日の最大便数を10倍に増やすことができます。

5.精密な飛行運転
「Zip 2」は、宇宙からのGPS信号とドローンからドローンの無線送信を行います。フライトプランはオンボードSIMカードに保存されています。

6.柔らかい表面
最初のドローンは、硬質のカーボン複合材でできていました。「Zip 2」は、炭素繊維のフレームと発泡スチロールのシェルを持っています。自転車のヘルメットのように、衝突時に(電子)脳をより上手に保護します。

7.幅広い翼
「Zipline」は、固定翼航空機であり、ロータードローンよりも早く幅のあるスピードで飛ぶことができます。「Zip 2」の翼面は10フィートに伸ばすことができ、前と比べてより速く、より遠くに飛び、より多くの貨物を運ぶことができます。

8.キャッチアンドリリース
「Zip 2」2の電気式カタパルトは、4分の1秒で0〜70mphに加速します。

(画像引用:https://www.wired.com/story/wired25-anne-wojcicki-keller-rinaudo-zipline-medical-drones/)

NEWS

Senteraのドローン用最新マルチスペクトルカメラ、プレオーダー受付開始

NEWS

フィンランド政府、警察にドローンの電波妨害を許可する見通し

NEWS

シンガポール、HES Energy Systemsの新ドローン「Hycopter」

NEWS

SNSで大人気、ドローンで撮影された「ヒグマ親子の危機」に専門家が苦言

NEWS

RelmaTechがドローンのID確認、追跡に関する革新的なソリューションを開発

NEWS

自動運転の電気自動車とドローンを組み合わせたフライングタクシー登場!アウディとエアバスが共同開発

NEWS

空港周辺で高度2700メートルを飛行する違反ドローンが目撃される

NEWS

フランスの自動車メーカー・プジョーとDJIがドローンフィルムフェスティバルを開催

© DRONE NEWS