Featured Video Play Icon

Yuneec社が開発したドローン「Mantis Q」が消費市場にリリース

中国のメーカーであるYuneec社は、新しいモデルのドローン「Mantis Q」を消費者市場にリリースしました。

Mantis Q」の機能性の観点からみた第一印象は、「MavicAir」や「ParrotAnafi」と同じニッチ市場をターゲットにしていることです。

また同社の新しいドローンには、高性能のカメラや4k超高像度テレビが搭載されています。さらに、小型な見た目とは裏腹に一度に最大33分間の飛行ができます。

・「Mantis Q」の興味深い機能

同製品には面白い機能がたくさんあります。例えば、音声コントロール機能が内蔵されており、ユーザーは音声を使って「写真を撮る」、「録音を開始する」、「電源を起動する」などを指示することができます。

音声コントロール機能を使用する場合、電源入力のコマンド「Wake up」「Take a picture」「Record a video」「Take a selfie」といった音声に対応します。さらに離着陸など、飛行時の操作にも応用可能です。

しかも、同製品は、ただユーザーの音声を認識するだけではありません。顔の表情とジェスチャーを認識することができます。

たとえば、ジェスチャーコントロールモードでは、同製品に手を振ると「写真を撮る」と認識し、撮影します。また、カメラに笑顔を向けると13フィートまで自動的に離れ、写真を撮ることが可能です。

飛行中のカメラは上方に最大20度、下方には90度傾けることができます。また、旅などのテーマに合わせて自動飛行モードを利用できます。

・デザインとパフォーマンス

同社は洗練された折り畳み式のデザインと飛行時間の長さをキャッチコピーとして、マーケティングをしています。

また、その他の機能として、「スポーツモード」では最大時速44マイルに達し、空中からユーザーを認識したうえで追跡します。これは旅行者や冒険心のある写真家にとって魅力的なドローンの機能であると同社は確信しています。

「とても使いやすく、持ち運びが容易なデザインで、音声コントロール機能や顔認識などの最先端技術を導入し、同製品を開発した」と同社CEOMichael Jiang氏は力強く述べました。

続けて、「顧客は同製品を毎日使用し、機能の変化に慣れれば、機能性の高さやパワーの稼働率を改めて実感するだろう」と同氏はインタビューで述べています。

しかし、実際のところ「Mantis Q」の機能性にかかわらず、他社製品である「Mavic Air」にかなりの遅れをとっているのが現状です。

Parrot社が開発した「ParrotAnafi」のドローンが搭載している障害物回避と衝突防止システムの欠如は、今後Yuneec社「Mantis Q」の課題になるでしょう。

NEWS

DroneDeployのアプリでドローン保険が利用可能に

NEWS

女性ドローンパイロット育成のためのファンディングキャンペーンを実施!

NEWS

アメリカのニュージャージー州で、緊急事態の第一発見者となるドローンチーム発足!

NEWS

YouTubeチャンネルで実験 一番安定した飛行をするドローンは?

NEWS

ドローンを鳥のように素早く穴を潜り抜けさせる実験を実施

NEWS

ドローン・デリバリーは現実的かどうか、フォーブス誌の今後の予測を3つ紹介

NEWS

"ドローン・ショー"で第二次大戦中に破壊された旧市街の再建を祝う

NEWS

Southern社はドローン事業を拡大するためのパートナーとしてSkyward社を選出

© DRONE NEWS