ドローンの夜間飛行用に強力LED「スカイサーチライト」を発売 ドローンネット

日刊工業新聞は201810月5日、ドローン関連商品&サービスを提供するドローンネットがドローン向けに強力な発光ダイオード(LED)で暗闇を照らす器具「スカイサーチライト」を発売したことを紙面で取り上げました。

スカイサーチライトは、DJIのドローン「inspire2」専用に設計されたLEDライトです。ドローン機体の改造が不要で、ネジパーツを交換するだけで取り付けることができるのが特徴となっています。

スカイサーチライトの活用法としては以下のものが挙げられます。

・夜間捜索や災害、停電時の現場照明
・ドローンスコープ(ドローンからの映像を遠隔地でリアルタイムに確認できるシステム)と連携して防災
・物件投下装置との併用
・日常でも使用可能(国土交通省の飛行許可を取得済み)
・フェス、イベント、キャンプ場などでも使用可能

このように、スカイサーチライトは自治体などの夜間での捜索活動や災害救助作業などへの利用が見込まれるほか、日常的な場面やフェス、イベントなどでも活用可能となっています。

スカイサーチライトの搭載機能は以下の通りです。

・機体の全方位を照らすサブ照明LEDを搭載
・サーチライト用メインLED(50W LED)を4基搭載
・サブLED(2〜3W LED)を8基搭載
・バッテリー残量の管理機能を搭載
・バッテリーの電圧監視により、過放電から保護する回路を搭載
・専用LEDドライバ回路設計による高効率発光制御機能搭載

このように、スカイサーチライトはメインのLEDと周囲を照らすサブ照明LEDを搭載しています。

離着陸時にはサブ照明LEDが機体の周囲を照らし、メインのLEDが点灯するとサブ照明LEDが消灯してバッテリーの消費を抑えるほか、バッテリー残量に応じ、サブ照明を点滅させて知らせるなどの機能が備わっています。

スカイサーチライトの仕様は以下の通りです。

・照明の点灯時間は約13分(4灯点灯は約6分、その後2灯点灯)
・ドローン機体の飛行時間は最大約13分(機体のバッテリー状態による)
・メインLEDは集光レンズ、ツイン放熱フィン搭載(XS以外のカメラは取り付け不可)

なお、スカイサーチライトは以下のセット内容になります。

・サーチライト用メインLED 4個
・制御器本体 1個
・リポバッテリー 4Sタイプ 1個
・取扱説明書 1冊

ドローン機体は別売りで、機体のネジを外す際にT8トルクスドライバーが別途必要です。またLEDユニットを積載するため、ドローンの飛行申請をする際は改造機体として許可を取得する必要がありますので注意しましょう。

スカイサーチライトはドローンネットが展開中の「スカイビジネス」会員向けサービスで提供されており、会員限定商品の第7弾となっています。価格は298,000円(税別)です。

NEWS

中国のスタートアップが重量なんと75gの木製ドローン発売に向けてクラウドファウンディングをスタート

NEWS

東京電力パワーグリッドが1tの積載が可能なドローン開発へ。2月に福島で実証実験実施

NEWS

テラドローン、低価格UAVレーザ「Terra Lidar」提供開始。期間限定のレーザ計測キャンペーンも

NEWS

ジーフォースがデュアルカメラ搭載のドローン「GRANFLOW」を発売。二つの視点からの撮影が可能に

NEWS

スマホなしでもドローン操作できる送信機登場!DJIが「CES 2019」で発表

NEWS

ドローンよりも手軽な空撮キット「Wiral® LITE」が日本上陸。クラウドファンディングサイト「Kibidango」でプロジェクトスタート

NEWS

子どもでも10分で製作できる小型・軽量DIYの木製ドローンがクラウドファンディングサイトMakuakeに登場!

NEWS

iPhoneがドローンに大変身!AppleのドローンiPhone「iPhone X-Drone」のコンセプト動画YouTubeで公開

© DRONE NEWS