ORSO、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を発売

ORSOは2018920日、オーイーシーと共同開発を進めている自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を製品化し、「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開すると発表しました。

 

DUCT」は、地方創生に向けた地元資源の活用を促進する飛行場所管理ツールです。ドローン飛行可能な場所を、観光や産業に役立てる目的で、自治体や観光協会、各地ドローン協議会向けに提供します。

 

また、場所の詳細や位置情報、住所など、ドローン飛行に関連する情報を地図上で範囲指定し、登録することが可能です。さらに、飛行可能場所の登録から、一時的な飛行禁止や時間指定の告知など、さまざまな告知機能に対応しています。

 

登録された情報は、アプリを展開するdoの「ドローン飛行チェック」や連携先WEBサイトを通じて広く告知できます。これらの機能により、これまで自治体ホームページ上でしか閲覧できなかった情報を、日本中のユーザーに告知および閲覧してもらえる仕組みを実現しました。

 

また、連携先のサービス内容によっては、利用ユーザーから施設利用料などを徴収する仕組みも用意しています。

 

DUCT」はこのように、地方創生を考える自治体に向けた新しいタイプのツールとなっています。 

NEWS

中国のスタートアップが重量なんと75gの木製ドローン発売に向けてクラウドファウンディングをスタート

NEWS

東京電力パワーグリッドが1tの積載が可能なドローン開発へ。2月に福島で実証実験実施

NEWS

テラドローン、低価格UAVレーザ「Terra Lidar」提供開始。期間限定のレーザ計測キャンペーンも

NEWS

ジーフォースがデュアルカメラ搭載のドローン「GRANFLOW」を発売。二つの視点からの撮影が可能に

NEWS

スマホなしでもドローン操作できる送信機登場!DJIが「CES 2019」で発表

NEWS

ドローンよりも手軽な空撮キット「Wiral® LITE」が日本上陸。クラウドファンディングサイト「Kibidango」でプロジェクトスタート

NEWS

子どもでも10分で製作できる小型・軽量DIYの木製ドローンがクラウドファンディングサイトMakuakeに登場!

NEWS

iPhoneがドローンに大変身!AppleのドローンiPhone「iPhone X-Drone」のコンセプト動画YouTubeで公開

© DRONE NEWS