ORSO、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を発売

ORSOは2018920日、オーイーシーと共同開発を進めている自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を製品化し、「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開すると発表しました。

 DUCT」は、地方創生に向けた地元資源の活用を促進する飛行場所管理ツールです。ドローン飛行可能な場所を、観光や産業に役立てる目的で、自治体や観光協会、各地ドローン協議会向けに提供します。

また、場所の詳細や位置情報、住所など、ドローン飛行に関連する情報を地図上で範囲指定し、登録することが可能です。さらに、飛行可能場所の登録から、一時的な飛行禁止や時間指定の告知など、さまざまな告知機能に対応しています。

登録された情報は、アプリを展開するdoの「ドローン飛行チェック」や連携先WEBサイトを通じて広く告知できます。これらの機能により、これまで自治体ホームページ上でしか閲覧できなかった情報を、日本中のユーザーに告知および閲覧してもらえる仕組みを実現しました。

また、連携先のサービス内容によっては、利用ユーザーから施設利用料などを徴収する仕組みも用意しています。

DUCT」はこのように、地方創生を考える自治体に向けた新しいタイプのツールとなっています。

(画像引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000028871.html)

NEWS

業界初!ドローンレンタル「ドロサツ!!」で飛行支援地図サービス「SORAPASS」提供開始

NEWS

DJI 、「農業ワールド」に自動航行機能搭載のAGRAS MG-1新モデルを初出展

NEWS

ドローンの夜間飛行用に強力LED「スカイサーチライト」を発売 ドローンネット

NEWS

CFD販売がトイドローン「TELLO」の初心者向け体験セットを発売

NEWS

ドローンで水難事故での人命救助が可能になる「スカイライフジャケット」が販売開始

NEWS

水中ドローン「BW Space」がクラウドファンディング「Makuake」で限定先行販売開始

NEWS

エプソン、モニター機能に特化した新型MOVERIOを発表。ドローン操作がさらに便利に

NEWS

ORSO、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を発売

© DRONE NEWS