長崎県五島市、JDC加入でドローン活用の取り組み本格化へ 実証実験の場としても名乗り

長崎県五島市は9月13日、一般社団法人日本ドローンコンソーシアム(JDC)へ加入し、ドローン活用による新産業・雇用創出の取り組みを本格化させることを発表しました。

JDCは、日本のドローン産業の統括団体になることを目的とした組織で、現在約300の団体が加盟し、ドローン関連の研究開発、産業応用、普及促進などの活動を実施中です。

五島市はJDC加盟に伴い、加盟団体間で得られたドローン活用の取組みや産業動向、安全運用などに関する情報を市内事業者へ知識共有することが可能になり、さらに加盟団体側も、五島市を離島地域の特性を生かした実証実験の場として積極的に利用できるようになります。

これにより、各産業の技術開発、実用化の促進と、新規産業の創出、既存産業の振興・効率化などが見込まれるとのこと。

今後、五島市は11の有人島と52の無人島からなる地理条件を活かして、離島部で限定的に解禁される目視外飛行の実施環境を整備し、ドローン関連企業の実証実験の場を設けていく方針です。

NEWS

5G通信とスマートドローンを日本酒作りに活用 KDDIらが実証事業開始

NEWS

長崎県五島市、JDC加入でドローン活用の取り組み本格化へ 実証実験の場としても名乗り

NEWS

徳島県那賀町、3Dマップ駆使した孤立集落へのドローン配送実験実施へ

NEWS

石川県がドローンによる農林業効率化技術開発へ 補正予算7700万円計上

NEWS

ドローン物流網の確立と事業化を目指し、ゼンリン、KDDI、伊那市が実証実験へ

NEWS

イタリアで配送実験中の陸上ドローン「Yape」 日本でも実証実験開始へ

NEWS

諏訪湖の鳥害対策にドローン活用 県内団体参加で実験

NEWS

ドローン航行管理ソフト「TERRA UTM」App Storeでのアプリ提供を開始

© DRONE NEWS