Featured Video Play Icon

Flytrex、米国のゴルフ場でドローンフードデリバリーサービス開始

アイスランドでドローンによるフードデリバリーサービスを手掛けるイスラエル企業Flytrexは9月5日、米国ノースダコタ州のゴルフコース「King’s Walk」においてもドローンによるフードデリバリーサービスを開始しました。

Flytrexが米国でもドローンデリバリー事業を計画していることは7月に当サイトでもお伝えしましたが、それは政府主導のドローンプログラムの一環として、ノースカロライナ州でアイスランドと同様に市街地でのドローンデリバリーを行うという内容でした。

実は8月、密かにKing’s Walkでドローンデリバリーの実験が行われていたようで、その模様はFlytrexが公開した上記動画で確認可能です。

非常に広大な敷地を持ちつつも、その大部分にインフラが行き届いていないゴルフ場という環境は、ドローンデリバリーにうってつけと言えるでしょう。公道や住宅地を飛行するときに比べて遮蔽物がはるかに少なく、最短距離を飛行可能な点も魅力的です。

また、車両で届ける場合には常にプレイヤーと衝突の危険性がありますが、ドローンデリバリーではそれも回避されます。

Flytrexはこの数年、精力的にドローンデリバリー技術の確立に取り組んできました。2017年にアイスランドで世界初の自律型ドローンデリバリーシステムを発表し、その後2018年に入ってからは、米政権主導のドローンプログラムでMatternetZiplineと協力し、ドローンデリバリーのテストを行っています。

ノースカロライナとゴルフ場での試みがうまくいけば、将来的は全米でデリバリードローンが飛び交う様子が見られるようになるかもしれません。

NEWS

釣りのシステムを応用したドローンによる水難救助活動が話題

NEWS

アメリカのドローン規制が改正か 人の上空も飛行できるように

NEWS

AEE AviationがAIを搭載したドローンの開発を発表

NEWS

FAA、アメリカ大手保険会社State Farmにドローン飛行規制の免除

NEWS

サーマルカメラを搭載したドローンが行方不明の88歳男性を発見

NEWS

カナダでドローンに関する新規制が発表、施行は2019年6月から

NEWS

中東イエメンで政権側の軍事パレードを反政府武装組織のドローンが攻撃。兵士ら20数人が死亡・負傷

NEWS

アメリカ・ワシントン州でドローン規制とプライバシー問題に関わる訴訟が勃発

© DRONE NEWS