Featured Video Play Icon

紀伊半島豪雨から7年、ドローン導入し不明者捜索を再開

2011年8月末から9月上旬にかけ発生した紀伊半島豪雨の行方不明者捜索が9月2日、奈良県十津川村のダム湖周辺で行われました。

十津川村のダム湖では2017年6月、濁流に流され行方不明となっていた中西麻紀代さんの遺体が発見されたのをきっかけに不明者捜索を再開、2018年2月には同県五條市と合同で捜索を行っています。

今回の捜索にはドローンが導入され、従来の船や人力での捜索のほか、空からの視点での捜索も併せて行われました。

2011年の紀伊半島豪雨では、奈良県で15人が死亡、9人が行方不明となった他、全国で98人の死者・行方不明者が出ています。

2018年8月には、奈良県内で大きな被害を受けた十津川村、五條市、野迫村が合同で、奈良県内で活動する民間グループ「ドローン災害救援ブルーウインド」と協定を締結。災害時にドローンで撮影した写真提供を受けることを発表しました。

NEWS

米国東部メーン州の川に巨大な氷盤が出現。ドローンで撮影した動画がSNSで話題に

NEWS

中国ECサイトの京東が四川省広安市でドローン配送を正式にスタート。30kgまでの食品・電化製品・洋服などを配送

NEWS

ドローンをバッテリなしで飛行させる新技術!スイスのスタートアップがレーザー光線をより遠く、質を落とさず飛ばせる人工ダイヤを開発

NEWS

中東イエメンで政権側の軍事パレードを反政府武装組織のドローンが攻撃。兵士ら20数人が死亡・負傷

NEWS

福岡市ドローン物流協議会がドローンを使った輸送検証を実施。唐泊港から玄界島を往復し医薬品やワカメを輸送

NEWS

英国ヒースロー空港がドローンの飛来で出発全便の運航を一時停止

NEWS

ドローンと自動車が合体した「Pop.Up Next」がプロトタイプのテスト飛行に成功。10年以内に実用化へ

NEWS

グアルディオラが練習にドローンを導入!サッカー界に旋風を巻き起こすか

© DRONE NEWS