Featured Video Play Icon

紀伊半島豪雨から7年、ドローン導入し不明者捜索を再開

2011年8月末から9月上旬にかけ発生した紀伊半島豪雨の行方不明者捜索が9月2日、奈良県十津川村のダム湖周辺で行われました。

十津川村のダム湖では2017年6月、濁流に流され行方不明となっていた中西麻紀代さんの遺体が発見されたのをきっかけに不明者捜索を再開、2018年2月には同県五條市と合同で捜索を行っています。

今回の捜索にはドローンが導入され、従来の船や人力での捜索のほか、空からの視点での捜索も併せて行われました。

2011年の紀伊半島豪雨では、奈良県で15人が死亡、9人が行方不明となった他、全国で98人の死者・行方不明者が出ています。

2018年8月には、奈良県内で大きな被害を受けた十津川村、五條市、野迫村が合同で、奈良県内で活動する民間グループ「ドローン災害救援ブルーウインド」と協定を締結。災害時にドローンで撮影した写真提供を受けることを発表しました。

NEWS

ドローンネットがドローン専門ショップ「ドローン ザ ワールド」の大阪大丸心斎橋店と名古屋千種店の2店舗をオープン

NEWS

セキドが分割払いサービス「ドローンクレジット」開始。申込金額は3万円以上1,000万円未満まで可能

NEWS

京大学発ベンチャーのメトロウェザーがドローン事業で総額2.2億円の資金調達。ドップラー・ライダーを使ったドローンの安全運航を目指す

NEWS

11月24日に駒澤大学でエジプトの文化や歴史をドローン撮影と3Dスキャン映像で公開するイベント開催

NEWS

大阪府羽曳野市が白鳥型ドローンを導入。「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録を後押し

NEWS

ドローンの下取りサービス登場!手持ちのDJIドローンが20,000円分のクーポンに

NEWS

SoCalGasの研究:災害対応におけるドローンの重要性

NEWS

CFD販売が八景島シーパラダイスで最新水中ドローン体験イベント開催

© DRONE NEWS