海上保安庁がドローン紛失 灯台点検の撮影実験帰還中に電波障害、落下か

海上保安庁は8月31日、静岡県南伊豆町で8月21日に行っていた撮影実験中に、ドローン1機を紛失したと発表しました。

撮影実験は同町の波勝岬灯台の点検にドローンを導入するために行っていたもので、拠点から灯台へ飛行し、拠点へ戻る途中で電波障害が発生、行方が分からなくなり落下したとのことです。

ドローンの機体重量は約1.4キロで、飛行していた30mの高度からの落下は、人などに直撃すれば深刻な被害が出ることが予想されますが、これまでのところケガ人などの情報は入ってきていません。

海上保安庁では地元の警察に通報し、ドローンの発見を待つとのことです。

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

© DRONE NEWS