海上保安庁がドローン紛失 灯台点検の撮影実験帰還中に電波障害、落下か

海上保安庁は8月31日、静岡県南伊豆町で8月21日に行っていた撮影実験中に、ドローン1機を紛失したと発表しました。

撮影実験は同町の波勝岬灯台の点検にドローンを導入するために行っていたもので、拠点から灯台へ飛行し、拠点へ戻る途中で電波障害が発生、行方が分からなくなり落下したとのことです。

ドローンの機体重量は約1.4キロで、飛行していた30mの高度からの落下は、人などに直撃すれば深刻な被害が出ることが予想されますが、これまでのところケガ人などの情報は入ってきていません。

海上保安庁では地元の警察に通報し、ドローンの発見を待つとのことです。

NEWS

ここでしか手に入らないオリジナル商品満載!「ドローンストア+」が本日9月13日オープン

NEWS

2017年11月のお菓子撒きドローン墜落事故 操縦男性を書類送検へ

NEWS

紀伊半島豪雨から7年、ドローン導入し不明者捜索を再開

NEWS

海上保安庁がドローン紛失 灯台点検の撮影実験帰還中に電波障害、落下か

NEWS

藤枝市がドローン隊を発足 水防訓練に初参加 利用法などを確認 静岡

NEWS

弘前さくらまつりでドローンの不正飛行が相次ぐ 青森

NEWS

損保業界でドローン利用 「鳥の目」で事故や災害を調査

NEWS

「ドローン ザ ワールド」仙台フォーラス店が仙台放送「あらあらかしこ」で紹介!VR飛行体験をリポーターが体験!

© DRONE NEWS