海上保安庁がドローン紛失 灯台点検の撮影実験帰還中に電波障害、落下か

海上保安庁は8月31日、静岡県南伊豆町で8月21日に行っていた撮影実験中に、ドローン1機を紛失したと発表しました。

撮影実験は同町の波勝岬灯台の点検にドローンを導入するために行っていたもので、拠点から灯台へ飛行し、拠点へ戻る途中で電波障害が発生、行方が分からなくなり落下したとのことです。

ドローンの機体重量は約1.4キロで、飛行していた30mの高度からの落下は、人などに直撃すれば深刻な被害が出ることが予想されますが、これまでのところケガ人などの情報は入ってきていません。

海上保安庁では地元の警察に通報し、ドローンの発見を待つとのことです。

NEWS

ドローンネットがドローン専門ショップ「ドローン ザ ワールド」の大阪大丸心斎橋店と名古屋千種店の2店舗をオープン

NEWS

セキドが分割払いサービス「ドローンクレジット」開始。申込金額は3万円以上1,000万円未満まで可能

NEWS

京大学発ベンチャーのメトロウェザーがドローン事業で総額2.2億円の資金調達。ドップラー・ライダーを使ったドローンの安全運航を目指す

NEWS

11月24日に駒澤大学でエジプトの文化や歴史をドローン撮影と3Dスキャン映像で公開するイベント開催

NEWS

大阪府羽曳野市が白鳥型ドローンを導入。「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録を後押し

NEWS

ドローンの下取りサービス登場!手持ちのDJIドローンが20,000円分のクーポンに

NEWS

SoCalGasの研究:災害対応におけるドローンの重要性

NEWS

CFD販売が八景島シーパラダイスで最新水中ドローン体験イベント開催

© DRONE NEWS