世界最軽量のサーマルドローンシステム「デュアルサーチ200」が9月13日発売 無料試運転フェアも開催

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を手掛けるドローンネットは8月31日、世界最軽量のサーマルドローンシステム「デュアルサーチ200」を9月13日より発売することを発表しました。同日には同社運営のドローンストア「ドローン ザ ワールド東京千代田店」にて、発売記念の無料試運転フェアが開催されます。

「デュアルサーチ200」は、サーマルカメラ世界シェアNo.1企業「FLIR」社製のサーマルカメラ「BOSON」を組み込んだPhantom 4 Pro用のシステムで、ユーザー自身で工具を使わずに簡単に装着できるのが特徴です。

想定される使用用途は、太陽光発電施設の故障点検や、ビルやマンションの外壁調査、農作物の調査、セキュリティ調査、野生動物の監視や調査など多岐に及びます。人力では効率が悪かったり危険な場所であっても、素早く、安全に、廉価で作業を行うことが可能です。

また、9月に発売される「スカイツインズ」を装着すると、デュアルサーチ200で撮影した映像を、操縦士の手元のツインモニターへリアルタイム伝送可能になります。

転送された映像は、その場で静止画をキャプチャーしてマークを付けたり、そのまま故障個所の報告へ利用することも可能です。

購入はドローンネットが展開する会員制サービス「ドローン ザ ワールドクラブ」の「スカイビジネス会員」(月額7980円、税別)を対象に可能になっています。価格はフレームレート9Hzモデルが53万円、60Hzモデルが59万円(いずれも税別)。今後もスカイビジネス会員対象の限定サービスは続々と追加されていく予定のため、興味のある方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

NEWS

ORSO、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を発売

NEWS

強力LEDで夜間飛行をサポート!「スカイサーチライト」が9月13日発売

NEWS

プロペラの推進力で壁や天井に貼りついて移動できるインフラ点検用ドローンが2019年春発売へ

NEWS

手をかざして操作する球体トイドローン「エアロノヴァ」10月13日発売

NEWS

世界最軽量のサーマルドローンシステム「デュアルサーチ200」が9月13日発売 無料試運転フェアも開催

NEWS

最高速度マッハ2!室蘭工業大が超音速ドローンを開発中

NEWS

DJI、待望の新作ドローン「Mavic 2 Pro/Zoom」発表

NEWS

スマホケースからドローンが飛び出す!空飛ぶセルフィ―カメラ「SELFLY」が日本上陸へ

© DRONE NEWS