西日本豪雨の被災地へ、コマツ、オプティム、ランドログの3社がドローン測量を無償提供

コマツ、オプティム、ランドログの3社は8月3日、2018年7月に西日本を襲った集中豪雨の被災地へ向け、3社のサービスを組み合わせ、ドローン測量を無償で提供することを発表しました。

コマツは3次元測量データ生成サービスの「EverydayDrone」とスマートコンストラクションアプリ(施行現場の進捗状況が確認できるアプリ)の無償提供を、オプティムはドローンパイロットシェアリングサービス「DRONE CONNECT」に登録しているプロフェッショナルパイロットの無償派遣を、ランドログはIoTデータプラットフォームの無償提供をそれぞれ担当します。

申込期間は8月3日から9月3日までで、被災した自治体を対象に専用フォームから申請を受け付けています。

今回の支援を活用することで、リソースを割くことなく被災状況を把握、可視化することができ、その分のリソースを復興に投入可能になります。

NEWS

中国ECサイトの京東が四川省広安市でドローン配送を正式にスタート。30kgまでの食品・電化製品・洋服などを配送

NEWS

東大とシャープが8企業・団体と連携し、広島県江田島市でドローンを使った「スマートかき養殖」の実証実験スタート

NEWS

函館市のアサヒ商会がドローンを使った巡回・輸送システムを販売。農場やキャンプ場の巡回・管理や軽量荷物の配達を想定

NEWS

ドローンが水難被災者へライフジャケットを届けるサービス開始!ドローンネットが救助活動にドローンを活用

NEWS

FullDepthが水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」を使い茨城県の花貫ダムでダム点検実証試験を実施。ダム上流側壁面の網羅的撮影に成功

NEWS

テラドローンとヤナイ・ソフトウエアーがドローンを用いた屋根点検・積算事業で提携

NEWS

岡山理科大と電源開発がドローンによる電力設備の保守点検を行う「電力設備自動撮影技術」を開発

NEWS

ANAHDと福岡市が唐泊港から玄界島までドローンで物品を運ぶ実証実験を実施

© DRONE NEWS