西日本豪雨の被災地へ、コマツ、オプティム、ランドログの3社がドローン測量を無償提供

コマツ、オプティム、ランドログの3社は8月3日、2018年7月に西日本を襲った集中豪雨の被災地へ向け、3社のサービスを組み合わせ、ドローン測量を無償で提供することを発表しました。

コマツは3次元測量データ生成サービスの「EverydayDrone」とスマートコンストラクションアプリ(施行現場の進捗状況が確認できるアプリ)の無償提供を、オプティムはドローンパイロットシェアリングサービス「DRONE CONNECT」に登録しているプロフェッショナルパイロットの無償派遣を、ランドログはIoTデータプラットフォームの無償提供をそれぞれ担当します。

申込期間は8月3日から9月3日までで、被災した自治体を対象に専用フォームから申請を受け付けています。

今回の支援を活用することで、リソースを割くことなく被災状況を把握、可視化することができ、その分のリソースを復興に投入可能になります。

NEWS

ドローン目視外飛行解禁を見越したリアルタイム気象観測システム「カザミドリ」

NEWS

西日本豪雨の被災地へ、コマツ、オプティム、ランドログの3社がドローン測量を無償提供

NEWS

ドローンと先進テクノロジーのさらなる融合を目指す会員制サービス「未来テック会員」募集開始

NEWS

交通量調査がAIとドローンで自動化!テラドローンが新ソフトウェアを発表

NEWS

埼玉県で国内初・光化学スモッグのドローン調査 上空のオゾン濃度を追跡

NEWS

登山者が携帯する電波発信機でドローンにSOS 遭難時の救助システムを立命館大が発表

NEWS

筑波大発のベンチャー、深海用水中ドローンレンタル事業を開始 低コストでの深海調査が可能に

NEWS

本田圭佑も投資家として参加!ドローン特化型ファンド「Drone Fund II」発表

© DRONE NEWS