交通量調査がAIとドローンで自動化!テラドローンが新ソフトウェアを発表

ドローン測量ソフトウェアの開発で知られるテラドローンは8月6日、ドローン用の交通量計測ソフトウェアを発表しました。

同製品では、ドローンで空撮した道路映像をAIで分析することで、自動的に車種、走行軌道、車の速度、人の歩行速度などのデータが自動で取得できます。また、車種ごとの交通量なども取得可能です。

これまでの交通量調査では、広域調査を行おうとすると人件費がかさみ、目視で紙に交通量を記録していく方式のせいで情報量も少ないのが欠点でした。

また、定点カメラにしても、記録人員の人件費がかさんだり、広域調査もしづらいといった問題ががありました。今回のソフトウェアによってそれが抑えられ、かつ前述の幅広いデータ計測が可能になります。

現在は年内のリリースを目途に、クラウドベースでの運用を目指して開発が続けられているとのことです。

交通システムの大きな発展にも繋がる可能性がある今回のソフトウェア、その動向から目が離せません。

NEWS

史上初、京東集団が上海蟹のドローン配送を開始 生鮮宅配に革新

NEWS

原子力防災訓練でドローン活用、ヘリとの衝突回避実験も 愛媛県

NEWS

長崎県五島市で内閣府のドローンによる離島間物流の実証事業実施 事業費の1/2は国が負担!

NEWS

ドローンラボと天馬諮問株式会社、災害救急現場でのドローンによる映像伝送の実証実験スタート

NEWS

賞金200万円!経済産業省と山九株式会社、高所作業用ドローン新技術提案のコンテスト開催

NEWS

ANAらが福岡の離島でドローンによる生活物資配送の実証実験に参画

NEWS

青森市に産学官金連携による組織「あおもりドローン利活用推進会議」設立

NEWS

慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスでイタリアの陸上用ドローン「YAPE」の実証実験を実施

© DRONE NEWS