交通量調査がAIとドローンで自動化!テラドローンが新ソフトウェアを発表

ドローン測量ソフトウェアの開発で知られるテラドローンは8月6日、ドローン用の交通量計測ソフトウェアを発表しました。

同製品では、ドローンで空撮した道路映像をAIで分析することで、自動的に車種、走行軌道、車の速度、人の歩行速度などのデータが自動で取得できます。また、車種ごとの交通量なども取得可能です。

これまでの交通量調査では、広域調査を行おうとすると人件費がかさみ、目視で紙に交通量を記録していく方式のせいで情報量も少ないのが欠点でした。

また、定点カメラにしても、記録人員の人件費がかさんだり、広域調査もしづらいといった問題ががありました。今回のソフトウェアによってそれが抑えられ、かつ前述の幅広いデータ計測が可能になります。

現在は年内のリリースを目途に、クラウドベースでの運用を目指して開発が続けられているとのことです。

交通システムの大きな発展にも繋がる可能性がある今回のソフトウェア、その動向から目が離せません。

NEWS

ドローン目視外飛行解禁を見越したリアルタイム気象観測システム「カザミドリ」

NEWS

西日本豪雨の被災地へ、コマツ、オプティム、ランドログの3社がドローン測量を無償提供

NEWS

ドローンと先進テクノロジーのさらなる融合を目指す会員制サービス「未来テック会員」募集開始

NEWS

交通量調査がAIとドローンで自動化!テラドローンが新ソフトウェアを発表

NEWS

埼玉県で国内初・光化学スモッグのドローン調査 上空のオゾン濃度を追跡

NEWS

登山者が携帯する電波発信機でドローンにSOS 遭難時の救助システムを立命館大が発表

NEWS

筑波大発のベンチャー、深海用水中ドローンレンタル事業を開始 低コストでの深海調査が可能に

NEWS

本田圭佑も投資家として参加!ドローン特化型ファンド「Drone Fund II」発表

© DRONE NEWS