交通量調査がAIとドローンで自動化!テラドローンが新ソフトウェアを発表

ドローン測量ソフトウェアの開発で知られるテラドローンは8月6日、ドローン用の交通量計測ソフトウェアを発表しました。

同製品では、ドローンで空撮した道路映像をAIで分析することで、自動的に車種、走行軌道、車の速度、人の歩行速度などのデータが自動で取得できます。また、車種ごとの交通量なども取得可能です。

これまでの交通量調査では、広域調査を行おうとすると人件費がかさみ、目視で紙に交通量を記録していく方式のせいで情報量も少ないのが欠点でした。

また、定点カメラにしても、記録人員の人件費がかさんだり、広域調査もしづらいといった問題ががありました。今回のソフトウェアによってそれが抑えられ、かつ前述の幅広いデータ計測が可能になります。

現在は年内のリリースを目途に、クラウドベースでの運用を目指して開発が続けられているとのことです。

交通システムの大きな発展にも繋がる可能性がある今回のソフトウェア、その動向から目が離せません。

NEWS

中国ECサイトの京東が四川省広安市でドローン配送を正式にスタート。30kgまでの食品・電化製品・洋服などを配送

NEWS

東大とシャープが8企業・団体と連携し、広島県江田島市でドローンを使った「スマートかき養殖」の実証実験スタート

NEWS

函館市のアサヒ商会がドローンを使った巡回・輸送システムを販売。農場やキャンプ場の巡回・管理や軽量荷物の配達を想定

NEWS

ドローンが水難被災者へライフジャケットを届けるサービス開始!ドローンネットが救助活動にドローンを活用

NEWS

FullDepthが水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」を使い茨城県の花貫ダムでダム点検実証試験を実施。ダム上流側壁面の網羅的撮影に成功

NEWS

テラドローンとヤナイ・ソフトウエアーがドローンを用いた屋根点検・積算事業で提携

NEWS

岡山理科大と電源開発がドローンによる電力設備の保守点検を行う「電力設備自動撮影技術」を開発

NEWS

ANAHDと福岡市が唐泊港から玄界島までドローンで物品を運ぶ実証実験を実施

© DRONE NEWS