ドローンと先進テクノロジーのさらなる融合を目指す会員制サービス「未来テック会員」募集開始

ドローン操縦技術の資格認定を行うドローン操縦士協会は8月6日、ドローンをはじめとした新技術を用いてイノベーションを目指す会員制度「未来テック会員」の募集を開始しました。

未来テック会員制度とは「ドローン、ロボティクス、AI(人工知能)、IOT(Internet of Things)、フィンテック、ブロックチェーン、ビッグデータなど、未来を拓くテクノロジーの分野で卓越した実績があり、ドローン操縦士協会の目的に賛同し、理事会において推薦された法人」を対象に、様々な分野の専門家からのアドバイス、共同研究、会員同士の交流などが可能になる会員サービスです。

年会費は30万円に設定されていますが、2019年度は創設記念として免除となり、無料となります。

他分野にわたる未来テック会員の先進技術やサービスと、ドローン技術の融合により、「空の安全を技術で守る」動きをさらに加速させていくことが創設の狙いのようです。

入会申し込みやお問い合わせは、ドローン操縦士協会事務局で受け付けています。

 

問い合わせ先

一般社団法人ドローン操縦士協会
電話 :03-6450-6402
FAX :03-6450-6403
メール:info@d-pa.or.jp

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

NEWS

中国ECサイトの京東が四川省広安市でドローン配送を正式にスタート。30kgまでの食品・電化製品・洋服などを配送

NEWS

東大とシャープが8企業・団体と連携し、広島県江田島市でドローンを使った「スマートかき養殖」の実証実験スタート

NEWS

函館市のアサヒ商会がドローンを使った巡回・輸送システムを販売。農場やキャンプ場の巡回・管理や軽量荷物の配達を想定

NEWS

ドローンが水難被災者へライフジャケットを届けるサービス開始!ドローンネットが救助活動にドローンを活用

NEWS

FullDepthが水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」を使い茨城県の花貫ダムでダム点検実証試験を実施。ダム上流側壁面の網羅的撮影に成功

NEWS

テラドローンとヤナイ・ソフトウエアーがドローンを用いた屋根点検・積算事業で提携

NEWS

岡山理科大と電源開発がドローンによる電力設備の保守点検を行う「電力設備自動撮影技術」を開発

© DRONE NEWS