大分の水族館「うみたまご」で水中ドローン撮影 来場者のスマホにライブ配信も

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」では8月1日より、水中ドローンを水槽内に投入し、魚を間近で撮影、来場者のスマートフォンや館内の大型ビジョンに配信するサービスを開始しました。

使用される水中ドローンは50センチ×30センチサイズの流線型で、係員がコントローラーを使って操作します。水槽内で飼育されるアジやイサキ、エイなど約90種類1,500匹の生物の様子を、まるで自分自身も魚になったような目線で撮影します。

撮影映像は水槽そばの大型ビジョンで映し出されるほか、スマートフォンに専用アプリをインストールすることで来場者のスマートフォンからも閲覧可能です。来場者が映像にアクセスするには、館内で提供されているWi-Fiに接続している必要があります。

水中ドローンによる撮影は、8月いっぱい毎日午前9時半と午後3時半の餌付けの際に行われます。

この夏、兵庫県神戸市の須磨海浜水族園でも水中ドローンの体験イベントが開催されるほか、水中ドローンに特化した製品発表会も国内で初めて開催されるなど、水中ドローンが俄かに盛り上がりを見せているようです。今後も注目していきましょう。

NEWS

伊豆半島の絶景地をドローンを持って旅する無料企画開催。静岡県広聴広報課が参加者を募集開始

NEWS

セキドが「ドローン 下取りサービス」実施。不要なドローンを、最新ドローンに20,000円引きで乗り換え

NEWS

ORSOが音楽に合わせてドローンを操縦できるiOS向けスマホアプリ「スマホコントローラー」配信スタート!同時に割安キャンペーンも

NEWS

米南フロリダ大が2019年2月に世界初のブレイン・ドローンレース開催!

NEWS

無料でドローンの基礎知識が学べる「DJI NEW PILOT EXPERIENCE」東京で開催!

NEWS

「改正航空法」の施行から3年。広がり続けるドローン事業。先行するのは防災・農業分野

NEWS

DRONE NEXTが2019年1月に「第1回ドローンビジネス最新トレンドカンファレンス」開催!テーマは“点検業務”

NEWS

ブルーイノベーションがスイスFlyability社製の点検用球体ドローン「ELIOS」の活用事例や販売目標を発表

© DRONE NEWS