大分の水族館「うみたまご」で水中ドローン撮影 来場者のスマホにライブ配信も

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」では8月1日より、水中ドローンを水槽内に投入し、魚を間近で撮影、来場者のスマートフォンや館内の大型ビジョンに配信するサービスを開始しました。

使用される水中ドローンは50センチ×30センチサイズの流線型で、係員がコントローラーを使って操作します。水槽内で飼育されるアジやイサキ、エイなど約90種類1,500匹の生物の様子を、まるで自分自身も魚になったような目線で撮影します。

撮影映像は水槽そばの大型ビジョンで映し出されるほか、スマートフォンに専用アプリをインストールすることで来場者のスマートフォンからも閲覧可能です。来場者が映像にアクセスするには、館内で提供されているWi-Fiに接続している必要があります。

水中ドローンによる撮影は、8月いっぱい毎日午前9時半と午後3時半の餌付けの際に行われます。

この夏、兵庫県神戸市の須磨海浜水族園でも水中ドローンの体験イベントが開催されるほか、水中ドローンに特化した製品発表会も国内で初めて開催されるなど、水中ドローンが俄かに盛り上がりを見せているようです。今後も注目していきましょう。

NEWS

岩手・高知・京都にも「ドローン ザ ワールド」が登場!8月に一挙3店舗オープン!

NEWS

京都で小中学生向け「はじめてのドローン・プログラミング教室」開催へ

NEWS

大分の水族館「うみたまご」で水中ドローン撮影 来場者のスマホにライブ配信も

NEWS

イオンモール秋田に「ドローン ザ ワールドAKITA」が誕生!8月5日グランドオープン

NEWS

海に落ちた乗組員をドローンで救え!「銚子マリンレスキュー・チャレンジ」が8月9~11日開催

NEWS

親子で楽しめるドローンイベント「Boooom!YACHIYO」が8月開催 お笑いライブやヨガ教室も

NEWS

ドローンで「遭難者」を発見・救援すれば最大500万円!10月開催の「Japan Innovation Challenge 2018」が参加受付開始

NEWS

リツイートするだけでMavic Airが当たる!アプリ「野球つく!!」でキャンペーン開催中、8月1日まで

© DRONE NEWS